七尾・和倉温泉・羽咋 の人気グルメ&レストラン

石川県能登半島の北部にある輪島市(わじまし)。輪島市発祥の漆塗りの漆器である輪島塗は全国的に知名度も高く、その技術は国の重要無形文化財(保持団体認定)ならびに、伝統的工芸品の指定を受けるなど、日本の貴重な財産の一つとなっています。また海に面した地形から、新鮮な海の幸を手軽に味わえる為、鮮度が大切になる魚介類の美味しいお店が多数あります。伝統工芸品である漆塗りの器に盛られた刺身やお料理は、舌だけでなく目も楽しませる一品です。もっと見る七尾・和倉温泉・羽咋のおすすめの料理は、「寿司(すし)」「居酒屋」「イタリアン(イタリア料理)」です。おすすめのお店は、「マナカマナ 七尾店」「能登海鮮丼 みとね 」「魚民 七尾駅前店」です。おすすめのスポットは、「万葉倶楽部」「羽咋市役所」「公立能登総合病院」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
輪島市は石川県の北側にある、朝市や御陣乗太鼓にて知られている地域です。古くから港町として栄えており、戦国時代の頃には城下町としても繁栄してきました。輪島市は地域ごとで世界一の海女の数を誇り、日本海のサザエやアワビや海藻などを昔ながらの素潜りのスタイルで獲っています。輪島市の名物となっているのは、イシルの貝焼きや海鮮丼であるあられ丼があります。
七尾市は能登半島のちょうど真ん中辺りに位置する地域です。名物には七尾和ろうそくや七尾仏壇があります。七尾で作られるなまこの腸を集めたコノワタは、日本三大珍味とも言われており、地酒とともに味わうことができます。

七尾・和倉温泉・羽咋のエリア情報

輪島市は1954年3月に、鳳至郡輪島町と大屋村と河原田村と鵠巣村、それから西保村と三井村と南志見村が合併したことで誕生しました。2006年2月には近隣の門前町と合併したことで、現在の輪島市となります。
七尾市は、1889年の町村制の施行により七尾町となりました。1939年の7月に、七尾町は近隣の東湊村と矢田郷村などと合併したことで七尾市となります。2004年には近隣の田鶴浜町と中島町と能登島町との合併を果たして、現在の七尾市となります。
七尾湾の自慢は牡蠣。養殖ではなく1年の天然ものは、市内のお店にて味わうことができます。

ページ上部へ