佐渡 の人気グルメ&レストラン

新潟県西部に位置する佐渡市(さどし)。この佐渡市は、2004年に佐渡の全市町村が合併して新しく発足した市です。佐渡市の産業は稲作が盛んで、代名詞ともいえる佐渡産のコシヒカリは市場でも評価が高いです。さらに周囲を海で囲まれているため、漁業も盛んで、加茂湖での牡蠣の養殖は有名です。佐渡市お勧めの観光は「日本の水浴場88選」に選ばれている海水浴場の二ツ亀や、重要無形民俗文化財に指定されている佐渡の人形芝居は他では見ることが出来ませんので非常にお勧めです。もっと見る佐渡のおすすめの料理は、「うどん」「和食」「居酒屋」です。おすすめのお店は、「弁慶 佐渡本店」「はなまるうどん 佐渡佐和田店」「一休 」です。おすすめのスポットは、「佐渡国小木民俗博物館」「佐渡西三川ゴールドパーク」「両津市郷土博物館」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
佐渡市は新潟県の西側にある佐渡島の全域を自治体とする市です。市の鳥として絶滅危惧種と言われているトキが選ばれています。四方を海に面した地域ですので、市の魚にはブリが選ばれています。夏は海水浴客で賑わうようです。佐渡市の伝統工芸には重要無形文化財に認定されている無名異焼や、裂き織や佐渡箪笥があります。
佐渡市はご当地の和牛として佐渡牛があり、その味わいを活かした料理を食べさせてくれるお店があります。近くの漁港で獲れた新鮮な海の幸を味わえるお店も多く、中には亀の手やフジツボといった珍しい食材を使ったラーメンを食べられるお店があります。

佐渡のエリア情報

佐渡市は日本で最大の離島であると同時に、12世紀頃には砂金が採掘できる地域ということで知られていました。本格的に採掘を始めた江戸時代から明治時代の1989年に採掘が休止されるまでの間、江戸幕府の財政を支え、日本の近代化にも大きく貢献したと言われています。
佐渡市にはそばの名店があり、その手打ちそばは、市内だけでなく多くの観光客に愛されています。テレビ番組のグルメレポーターも訪れているようなので、ご存じの方もいるかもしれません。その他にも海岸沿いにて潮の香りとともに美味しいそばを食べさせてくれるお店もあります。

ページ上部へ