気仙沼・南三陸 の人気グルメ&レストラン

宮城県北東端の太平洋沿岸に位置する都市が気仙沼市です。気仙沼の主な産業は水産業で、中でも日本人に人気のある魚のマグロ、カツオ、サンマは、それぞれ全国有数の水揚げ量を誇っています。さらに水産加工業も発展しており、牡蠣やホタテの養殖が盛んです。また地理を活かした観光にも力を入れています。大谷海水浴場や小泉海水浴場は夏場には短い東北の夏を楽しもうと観光客や地元の若者や家族連れが数多く訪れます。また毎年8月に行われる「気仙沼みなとまつり」はパレードや花火大会など数多くのイベントが行われています。もっと見る気仙沼・南三陸のおすすめの料理は、「和食」「居酒屋」「ホルモン」です。おすすめのお店は、「魚民 気仙沼店」「ケンタッキーフライドチキン イオン気仙沼店」「COCO’S 気仙沼店」です。おすすめのスポットは、「気仙沼ちゃんの宿 アインスくりこ」「南三陸 民宿 清観荘」「大島観光ホテル 丸栄」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
気仙沼では観光地が数多く設けられています。また、水産業が中心となっている地域で、サンマやマグロ、鰹の水揚げ量では指折りに入っています。また、ふかひれの生産も盛んで、日本を代表する生産地となっております。
そのため、この地域では、鮮度の良い魚介類を使用した刺身や、お寿司、カルパッチョなどを味わうことができます。夏でも美味しく味わえる鍋料理、さらに牡蠣やホタテの養殖も盛んな地域のため、一年を通してバラエティーに富んだ海鮮料理を楽しめます。

気仙沼・南三陸のエリア情報

気仙沼は元々、気仙沼本郷の一部となっていた地域です。古くから独立されたことから気仙沼町と名付けられ、唐桑町と合併した際に現在の気仙沼市となりました。この地域では東日本大震災によって非常に多くの被害者が出ました。
そのため、現在でも街を立ち直すための復旧作業が行われていますが、周囲の人たちと助け合い、飲食店も増えつつあります。海岸沿いにあったために震災の被害を受け、しばらく休業を余儀なくされていた飲食店も、再び営業を始めています。
新鮮な魚介類を扱った海鮮料理の店舗が多く、日本料理懐石料理なども堪能できます。

ページ上部へ