名取・沿岸南部 の人気グルメ&レストラン

宮城県の中央南部の太平洋沿岸に位置する都市、名取市は、仙台市の南東に隣接しており、市内には仙台の空の玄関、仙台空港があります。その為、観光事業にも力を入れています。名取市のお勧め名所は『実方中将の墓』や『ゆりあげビーチ』『貞山運河』などがあります。また名取川河口での花火大会などが行われる名取夏まつりなども有名です。更に観光スポットとして、名取駅に隣接しているサッポロビール仙台工場の工場内で見学会や各種イベント等を行っており、そこでの試飲が出来ることもお酒を飲む方には喜ばれます。もっと見る名取・沿岸南部のおすすめの料理は、「居酒屋」「イタリアン(イタリア料理)」「フレンチ(フランス料理)」です。おすすめのお店は、「IRON DINER 」「サッポロビール仙台ビール園 名取本館」「三代目網元 魚鮮水産 名取杜せきのした店」です。おすすめのスポットは、「スズキ記念病院」「柴田町役場」「角田市役所」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
四季折々の景観を楽しむことができる場所の多い名取。名取の松原や広裏の入江、チャペルのある街百合ケ丘などを始め、地元の方から観光客まで楽しめる景観スポットが多数あり、自然豊かな環境となっています。一方で名取の駅は「未来へ羽ばたく名取の翼」というコンセプトのもと建てられ、都会的で開放感のある造りとなっています。
自然豊かでありつつ都会的な要素を取り入れた名取では、飲食店も賑わいを見せており、素材にこだわった郷土料理や新鮮な魚介類を楽しめる海鮮料理屋など、観光した際にも十分に楽しめる飲食店が数多く立ち並びます。

名取・沿岸南部のエリア情報

名取市から仙台市南部にかけて、4世紀後半の古墳時代前期から多数の古墳が造営されたと言われています。特に愛島丘陵東端に築かれた雷神山古墳は東北地方最大であり、訪れる人も多いです。その後、平安時代に高舘丘陵に紀伊国の熊野神社の本宮・新宮・那智社が勧請されました。
ここは熊野社の分社の中でも珍しく、三社を合祀せず別々に設けています。こうした古墳群や寺社仏閣が名取周辺には多く、国や県指定の文化財もあるため、史跡散策に訪れる観光客向けに名取駅を中心に飲食店が立ち並んでいます。

ページ上部へ