河原町・若林区 の人気グルメ&レストラン

若林区(わかばやしく)河原町(かわはらちょう)は仙台市南東部にあり、若林区は仙台市を構成する5区のうちのひとつです。この若林区の名前の由来は、伊達政宗が造営した若林城にちなんだものとなっています。2012年には創立55周年記念行事を開催した陸上自衛隊の霞目駐屯地があり、仙台駅の東南約4キロほどに位置し、グライダーの滑空場としても利用されます。太平洋に流れ出る名取川は、若林区南端を流れる一級河川です。もっと見る河原町・若林区のおすすめの料理は、「郷土料理」「居酒屋」「牛タン」です。おすすめのお店は、「明月苑 大和町店」「ステーキハウス エアーズロック 」「炭と創作和食 若林源三 」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
河原町は名取川を西南の境としていて、東は仙台湾が広がり、広瀬川を含め全体的にみると低平な土地とされています。区の中心部を通して国道4号仙台バイパスが存在し、バイパスから西の方は住宅地、東側は水田地帯が広がっています。
区の東半部では稲作が盛んである一方で、区の北部の方には「仙台市中央卸売市場」が構える卸町地区が、仙台市の流通拠点とされている存在しています。またJR仙台駅から在来線で2~3駅程度と近距離にある為、観光やビジネスで仙台を訪れた人向けに仙台名産品の牛タンや海産物をメインとした料理を出す飲食店で賑わう傾向にあります。

河原町・若林区のエリア情報

河原町が存在する若林区は、江戸時代において城下町としての顔と農村としての顔が混ざり合う、一つにまとまらない特殊な街として存在していました。名前の由来としては伊達政宗が作成を指示した若林城が由来となっており、若林区役所付近においては様々な古墳が作られた歴史があります。
元来水田地帯が広がっていた為、稲作が盛んであるのも特徴です。その為食文化においても敏感な地域といえ、海産物は勿論肉料理のお店など、様々な飲食店が存在しています。昼夜問わず楽しめる飲食店が多く揃っている為、観光客も多く集まる場所と言えるでしょう。

ページ上部へ