宮城野区 の人気グルメ&レストラン

仙台市の北東部にある宮城野区(みやぎのく)。ここは宮城県仙台市を構成する5区の一つです。ここ宮城野区は、2011年3月11日に起こった東北地方太平洋沖地震に伴う大津波により大きな被害を受けた場所の一つですが、現在は復興に向けて区民一丸となって取り組んでいます。また、観光にも力を入れており、東北楽天ゴールデンイーグルス本拠地であるクリネックススタジアム宮城への野球観戦や、宮城野原公園総合運動場を保有していることでのスポーツ関連事業などが主な観光となっています。もっと見る宮城野区のおすすめの料理は、「和食」「居酒屋」「ホルモン」です。おすすめのお店は、「焼肉酒家 牛角 アクロスプラザ幸町店」「キリン ビアポート仙台」「ひょっこり瓢たん亭 」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
宮城野区は、その北部の丘陵地帯を除いてほとんどの地域が平野となっています。西端には仙台駅があり、東側が仙台湾に面し仙台港がある他、太い国道がいくつも通る等、物流の条件に恵まれています。また、東北本線と仙石線が通っており交通の便が良いため、特に小鶴新田駅前や岩切駅前など、周辺駅前には商業施設が整備されています。
このため、比較的近年にできた商業施設内に多彩なラインナップの飲食店があります。JR仙台駅から徒歩、ないしは在来線で2~3駅程度と近距離にあるため、観光やビジネスで仙台を訪れた人向けに牛タンや海産物をメインとした料理を出す飲食店で賑わう傾向にあります。

宮城野区のエリア情報

現在、宮城野区北部の岩切は、中世に栄えた町で陸奥国府とも推測されます。また、西端は江戸時代から城下町仙台の一部だったものの、その他の地域は広大な農村地帯でした。その後、平地部分は道路や鉄道の開発に向いていたこともあり、流通業が集積するようになりました。仙台市が政令指定都市になるに際して誕生した宮城野区ですが、区名は古来よりの歌枕でもある「宮城野」に由来すると言われています。
交通の便が発達していくのに伴い、駅周辺も飲食店で賑わうようになり、現在では和食からイタリアンまで数多く立ち並ぶようになりました。

ページ上部へ