手稲区 の人気グルメ&レストラン

札幌北西部の中心、手稲区。もともと西区の中心だったのですが、1989年に西区から分区しました。手稲区は、札幌中心部から観光地小樽を結ぶ国道5号線の途中にある為、特に観光の分野で力を入れているわけではないようで、初めて北海道観光をする観光客の方などは自動車で通り過ぎてしまうことが多いですが、札幌中心部や小樽に比べて、地元の人だけが知る、穴場的お店も多いです。また大きな区の為、生活に必要なお店は一通りすべてそろっているので、生活面でも中心部に比べ土地も安く便利だという声も聞かれています。もっと見る手稲区のおすすめの料理は、「焼き鳥」「寿司(すし)」「居酒屋」です。おすすめのお店は、「鳥太郎 手稲店」「Wa・Bi・Sai 花ごころ 手稲店」「炭火焼き 手稲の魚太郎 」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
手稲区は、札幌市の北西部、ベッドタウンとして、住宅地と大型ショッピングセンターなどの商業地が混在する地域でありながら、手稲山をのぞみ、自然豊かで快適な住環境が約束されたエリアです。駅前には、居酒屋をはじめ、寿司屋、ラーメンにスープカレーと北海道を代表するような食事を提供する店が立ち並んでおり、中でも生ラムをレアで食べられるジンギスカンの店など魅力満載です。
地元の需要として、ファストフードやテイクアウトの店が数多くあります。特徴としては駅前に焼き鳥屋が数多く、通勤帰りの食事処として賑わいを見せています。

手稲区のエリア情報

札幌市手稲区は、西区から分区し、その後順調にベッドタウンとしての地位を確立しました。観光客はさほど多くないものの、地元住民の生活の場として、高い利便性のある地域となっています。
そのため、飲食店は、地域住民の需要に応えるように、全国チェーンの居酒屋ファストフードが多く、また地元の人だけが知る穴場的レストランもあり、価格帯も札幌市中心部よりも低めにおさえられている傾向があります。観光地のような華やかさはないにしろ、何一つ不便のない食が得られるエリアと言えます。

ページ上部へ