電車通り の人気グルメ&レストラン

札幌の電車通りは、36号線沿いの路面電車付近の地区を指しています。この電車通り付近には、観光を兼ねて訪れる人が多い為、沢山の魅力的な飲食店が並んでいます。特に最近では、北海道名物としてブームになってきたスープカレーのお店が多いです。ただし、飲食店が多い地域にありがちな、店舗がよく変わるという現象はここでも見られ、店舗の入れ替えはよくあります。また公共の交通機関や自動車の通りも便利な場所柄、地元のサラリーマンやOLも通いやすい為、飲食店の他サロンや、マッサージなどのサービス分野のお店も多く見られます。もっと見る電車通りのおすすめの料理は、「寿司(すし)」「和食」「居酒屋」です。おすすめのお店は、「NIJIHICO 」「スープカリー 奥芝商店 」「国産和牛卸直営店 炭火焼肉 楓雅 」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
札幌市内に今も走る路面電車。西4丁目から歓楽街すすきのまでの23駅約8キロの道のりを45分間で運行しています。左右にはビルが立ち並び、車通りも多く、観光客の歩く姿も見かける活気のあるエリアが続いていきます。
中心部ならではの利点で、各駅付近は、和洋中はもちろんエスニックやカフェなど選択肢は広く、その中でも、札幌ならではのかに料理店や寿司、ラーメン、また人気のスープカレーを売り物にした店が目立ちます。終点すすきのに近づいてくると、クラブやバーが多く立ち並びます。

電車通りのエリア情報

馬車路線の路面電車化から始まった電車通りの歴史は、様々な問題を乗り越えてきました。冬季の雪対策としてのササラ電車は冬の名物詩ともなっており、地下鉄の建設影響による路線縮小などを経て、今もなお市民や観光客の足として愛されています。
このように、人の集まる駅エリアらしく便利に食事が楽しめる電車通り。飲食店が多い分各店しのぎを削っており、比較的短いサイクルで店舗閉鎖、新規開店を繰り返している様子も見られます。
時代のニーズに合わせて、その姿を変えて、また新たな食の楽しみを提供してくれる地域です。

ページ上部へ