根室・中標津 の人気グルメ&レストラン

北海道本島の最東端にあたる市が根室市です。その為、日本の主要都市の中でもっとも北方領土に近い都市でもあります。陸地のほとんどが平坦な土地の為、また気候が涼しく、夏場も気温の急激な上昇があまり見られないという気候が牧畜に適したこともあり、かつては牧畜が盛んでした。また北方領土に最も近い土地らしく、道路の看板にロシア語が書かれているなど、珍しい環境があることもこの土地の特徴です。観光名所には日本の本土最東端の納沙布岬や冬場に白鳥が多く訪れる野付風蓮道立自然公園内にある風蓮湖があります。もっと見る根室・中標津のおすすめの料理は、「焼肉」「居酒屋」「ホルモン」です。おすすめのお店は、「居楽屋白木屋 中標津店」「ラーメン山岡家 中標津店」「手打そば 伊とう 」です。おすすめのスポットは、「望郷の岬公園」「尾岱沼温泉 シーサイドホテル」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
根室は根室振興局管内の最東端都市、中標津は管内中部の中核都市です。日本で最も北方領土に近いため、市内にロシア料理店が多くあります。観光客向けに、特産の魚介類メニューが看板の居酒屋や寿司店などが根室駅前に並びます。さらに地元産食材を使ったご当地グルメとして、昆布さんま寿司があり、市を挙げて推進しています。
花咲港では花咲ガニが有名で、直販店を兼ねた食堂で新鮮なものを味わえます。中標津エリアに行くと、ご当地グルメとして中標津ミルキーラーメン、中標津ミルキーカレーの二つがあります。また、特産牛乳を使ったホワイトらーめんなどもあり、特色を打ち出しています。

根室・中標津のエリア情報

漁業労働者の街として開発が進んだ根室は、北海道でも有数の水産都市となりました。中標は酪農を中心に開発され、空港と国道が建設されたことにより、広く名前を知られることになりました。
大きな発展というわけではありませんが、根室、中標ともに長く続く地元の特産を生かした水産物や酪農製品を中心にした飲食店が多いのが特徴です。こういった食文化が浸透していることで、その地ならではの味を楽しみたいと多くの観光客も訪れます。

ページ上部へ