江差・奥尻・檜山 の人気グルメ&レストラン

北海道南西部の日本海に面した町、江差町。それに隣接しているのが奥尻島、檜山支庁です。かつてこれらはそれぞれ独立した町でしたが、人口の減少に伴う街の過疎化で統廃合などを経て、それぞれ町から支庁というように名前を変えていきました。町の規模が縮小化されていっていることから解るように産業が発展していって栄えているわけではありませんが、天然記念物のヒノキアスナロやアオトドマツ自生地などを初め、私たちが今後も守るべき貴重な自然資源が豊富に残っている地区ですもっと見る江差・奥尻・檜山のおすすめの料理は、「焼肉」「寿司(すし)」「居酒屋」です。おすすめのお店は、「郷土料理の店 八千よ 」「そば蔵 やまげん 」「美里 」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
江差・奥尻・檜山は北海道にある土地の名前で、江差は北海道檜山郡にある日本海側の町です。
奥尻は、北海道の西南部にある、日本海の上に浮かぶ島であり、島へは函館空港から行くことが出来ます。奥尻島には奥尻空港があり、空の道は函館空港と奥尻空港で繫がっています。また、海の道は奥尻港を利用します。
このエリアでの、飲食店や商業施設は、人が集まりやすい空港や駅周辺に集中しています。海に面したエリアのため、様々な海の幸を堪能できるお店が点在しています。

江差・奥尻・檜山のエリア情報

このエリアは、古くは平安時代の末期にまでさかのぼる歴史があり、鎌倉時代よりも昔に建てられた建物も残っています。その中でも姥神大神宮は、北海道最古の神社として名をはせています。
江差の地は、1955年に江差町として設置されてから現在に至り、1997年には過疎地域という指定を受けています。
しかし、奥尻は漁業が主要産業であり、ウニやイカと言った魚介類が採れる事から、空港や駅の周辺にある飲食店で食べる事が出来ますので、海の幸を目当てに訪れる方が多くいるのが特徴です。

ページ上部へ