七飯・松前・渡島 の人気グルメ&レストラン

北海道南部、渡島半島南西部に位置する七飯・松前・渡島。これらの地区は道南の観光名所の函館と同様、海に囲まれている為、漁業の盛んな地区として、漁業が経済を支えている地区です。特に松前では、かつてはニシンの漁場として近郊の海域が注目されており、現在は半島沿岸では真昆布の産地として有名になっています。他にもタコやイカなど沿岸漁業が盛んです。また近年では観光にも力を入れており、七島などは、夏場の避暑地または、リゾート地として大沼国定公園を中心にゴルフ場やサイクリング場の施設も充実してきています。もっと見る七飯・松前・渡島のおすすめの料理は、「焼肉」「ホルモン」「フレンチ(フランス料理)」です。おすすめのお店は、「中華ジャンジャン 」「焼肉・ホルモン 丸亀 」「中国菜館 天華 」です。おすすめのスポットは、「鹿部町役場」「知内町役場」「クロフォード・イン大沼」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
七飯・松前・渡島は、北海道函館市に本拠地を置く、北海道渡島中央振興局が振興や事務を担当するエリアです。大沼や駒ヶ岳と言った自然が綺麗な土地であり、松前は松前城があることから、観光客に人気の土地です。
七飯も松前も、渡島半島にある自治体であり、のどかな田舎町の風景を堪能できる場所です。
このエリアは、駅の周辺にチェーン展開している飲食関連の企業が店舗があるため、そこでニーズに合わせたお店を見つけることができます。また、漁業が盛んな土地でもあるため、海の幸を提供しているお店も見つけることができます。

七飯・松前・渡島のエリア情報

このエリアの歴史を紐解いてみると、七飯はかつてアイヌの言葉で冷たい川という意味の「ナム・ナイ」と呼ばれていました。
松前は、北海道の中で唯一の城下町であり、かつては城下町として栄えていた歴史があります。桜の名所でもあり、春になれば美しい桜を楽しむために観光客が松前へやってきます。
歴史のあるこれらの町は、現在はその美しい歴史と自然が守られていて、飲食店も乱立していないものの、駅の周辺や人が集まりやすいところに、おいしい蕎麦屋や新鮮なお寿司を楽しむことができるお店があります。

ページ上部へ