琴似・西区 の人気グルメ&レストラン

琴似は札幌西区の中心と言える町です。というのも1999年(平成11年)当駅 - 宮の沢駅間の延長開業までは西側の終点となっていた為、交通の便利さから、西区の人たちの需要にあわせ、自然と周辺が栄えていきました。 現在は路線の延長もあり、かつてほどの活気はありませんが、ピーク時は2万人を超えていた平均乗車数も現在は12000前後と駅の規模に見合い安定したことや、駅周辺は商店街として賑わいをみせており、住民からはお年寄りを中心に、住みやすい街との評価を得ています。もっと見る琴似・西区のおすすめの料理は、「焼き鳥」「寿司(すし)」「居酒屋」です。おすすめのお店は、「Wa・Bi・Sai 花ごころ 琴似店」「活菜旬魚 さんかい 琴似店」「鳥太郎 本店」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
琴似・西区は、札幌市西区の呼び名であり、中心駅はJR北海道琴似駅です。
駅周辺は住宅地として発展しており、集合住宅も多くある事から、北海道札幌市の中でも居住者が多いエリアです。近年では人が多く集まっていることに着目し、大手企業の商業施設も開設されるようになりました。
飲食店はその中にあるテナントか、もしくは琴似駅周辺に多く見られます。若い人が利用しやすい商業施設がいくつかあることから、大手シアトル系コーヒーショップもあり、スープカレーのように全国的に有名になった、ご当地グルメを堪能することが出来るお店も建ち並んでいます。

琴似・西区のエリア情報

琴似西区琴似という地名は「ことに」と発音し、この語源はアイヌの言葉で、窪地になっている場所という意味の「コッ・ネ・イ」という単語です。
実際に発音してみると、なかなか発音する事が難しいということもあってか、1872年に開拓使により「琴似」という名前になりました。
現在では、琴似西区琴似本通という町の中心道路、俗に言うメインストリートを中心として、ホテルや商業施設が立ち並んでいます。このような背景から、飲食店もこの本通と駅周辺を中心に展開されており、どちらのエリアも若い人に人気のあるカフェやレストランだけでなく、様々な飲食店が出店しています。

ページ上部へ