奄美大島 の人気グルメ&レストラン

鹿児島県の南に位置する奄美諸島。美しい青い海や南国らしい風景や自然は多くの人を魅了し、観光スポットとしても人気のエリアです。飲食店などが充実しているのは奄美市名瀬地区。鹿児島県内の離島の中でも最も多くの人が暮らしており、本土並みの商業・公共施設が揃い、アーケード街等も充実しています。メインとなるのはティダモール中央通り商店街で、アパレルや雑貨、お土産物店などの他、飲食店も豊富に揃っています。奄美の旬の食材を使った島料理のお店や、おしゃれなダイニング、バーなどもあるのでおすすめです。もっと見る奄美大島のおすすめの料理は、「焼肉」「寿司(すし)」「居酒屋」です。おすすめのお店は、「浪花ひとくち餃子 餃々 奄美井根店」「居酒屋 脇田丸 」「てやん 」です。おすすめのスポットは、「ゲストハウス 涼風」「プチリゾート ネイティブシー 奄美」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
名瀬市は奄美大島の中心的な都市であり、現在は奄美市となっています。商業施設やアーケード街が充実しており、飲食店の数も多いです。和食、中華、イタリアン、島料理を提供するお店があります。多彩なメニューが揃っています。
与論島は与論町からなる島であり鹿児島の最南端です。オーシャンビューを楽しめる飲食店があります。海岸や空港の近くにお店が多いです。
奄美諸島は食文化が独特であり、鶏飯や油ぞうめんなどの名物料理を食べられる飲食店が多数あります。

奄美大島のエリア情報

名瀬は15世紀は琉球王国、1611年以降は薩摩藩の領地となりました。1953年には米軍政下から日本に復帰しました。特殊な歴史により、独特の食文化を誇るので、独自の味を楽しめる飲食店が多いです。
与論も1953年までアメリカ統治下だったのが、本土に復帰しました。1976年には与論空港が開港しました。観光地化されてまだ歴史が浅いため、創業の新しい飲食店が多くなっています。
奄美諸島は観光地としてたくさんの人が訪れるようになったので、若者向けのお店が増えています。様々な味を満喫できます。

ページ上部へ