佐世保 の人気グルメ&レストラン

佐世保は長崎県で軍港として発展した港街です。戦後に米海軍基地よりアメリカの文化が佐世保の街に浸透してきて、現在は『佐世保バーガー』と呼ばれるハンバーガーが人気となりました。『西海国立公園』は九十九島を含む島々の景観が美しい国立公園に指定されています。佐世保の『石岳展望台』からは南九十九島や佐世保港を臨め、夕陽が綺麗なスポットです。平戸では『平戸ザビエル記念教会堂』や周辺の『光明寺』の寺院が建ち並ぶ通りでは、異国文化と日本の文化の調和を感じることができます。平戸港の新鮮な魚介料理もおすすめです。もっと見る佐世保のおすすめの料理は、「寿司(すし)」「居酒屋」「ちゃんぽん」です。おすすめのお店は、「The Wine club ZACCO 佐世保下京町店」「門 」「雑魚屋 佐世保下京店」です。おすすめのスポットは、「ホテル日航ハウステンボス」「ホテルヨーロッパ」「ホテルアムステルダム」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
佐世保市はハウステンボスが有名で、観光都市として発展。ハウステンボス内には多数のレストランが存在しており、観光客も多く訪れ楽しんでいます。佐世保駅の周辺は再開発が進み、四ヶ町商店街にはファーストフードやカフェが出店。市内には洋食レストランや佐世保バーガーを扱った店が多数あります。レモンステーキのお店もたくさんあり、ご当地グルメを楽しめる街となっています。
平戸市は九州本土の市としては最西端に位置します。地域で期待できる品をブランド化していこうという動きがあります。農業と漁業が盛んであるため食へのこだわりが強く、海鮮料理など満足できる味わいとなっています。

佐世保のエリア情報

佐世保市は江戸時代までは農漁村でした。明治になり軍港が建設され、大都市として発展しました。戦後は観光地として開発が進行。このような歴史のある佐世保市には、歴史の古いレストランなどの飲食店が多いです。米軍からの文化が流入したことにより、洋食のお店が増加し、若者向けのオシャレなお店も立ち並ぶようになりました。
平戸市は江戸時代に国際貿易港として栄えました。戦後は漁業や農業が盛んな地域となり、地元の旬な食材を活かした居酒屋和食イタリアンなどを楽しめます。

ページ上部へ