菊川 の人気グルメ&レストラン

深蒸し茶の里として知られるお茶の産地である菊川市。市内にはJR東海道本線の菊川駅、東名高速道路の菊川ICがあり、交通の便がよいのが魅力です。市の中心部には多くの飲食店が立ち並び、ファミリーでもカップルでも満足できるお店が充実しています。また、2013年4月には、菊川駅北側に複合ショッピングモールのえんてつ菊川ショッピングセンターがオープンし、更に便利になりました。また、バイパス沿いにも多くの飲食店が立ち並び、電車と車、どちらを使ってもお店が揃っているのが嬉しいですね。もっと見る菊川のおすすめの料理は、「焼き鳥」「しゃぶしゃぶ」「居酒屋」です。おすすめのお店は、「しゃぶしゃぶ すき焼き たわら屋 」「居楽屋白木屋 菊川駅前店」「和牛焼肉 たわら屋 」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
菊川市は全国的なお茶の産地。お茶が代表的な特産品ですが、山間部にある町ですから全体的に農業が盛んな傾向にあります。最先端の複合型ショッピングモールもオープンしており、幅広い年齢層の方々が利用するエリアです。
元々、菊川は浜松市のベッドタウン的な役割を持っており、地域住民に馴染んだ飲食店が充実。本格的な京料理や京懐石を提供してくれる割烹居酒屋、おふくろの味を感じさせてくれる懐かしい料理が自慢の定食屋、創業50年の老舗中華料理店など、様々な飲食店が充実しています。

菊川のエリア情報

平成17年、菊川町と小笠町が合併した事により生まれた菊川市。地名の由来は市内を流れている菊川から来ています。自動車に関する部品や精密機械などを生産する企業が多い工業都市として知られています。
菊川は温暖な気候を活かしたお茶の産地としても有名。平成18年には『全国茶サミット静岡大会in菊川』が開催されました。日本各地にあるお茶の名産地から多くの人が集まり会議が行われた場所です。
菊川は関西圏の入り口になっており、遠州と駿河の境目となっています。ここから西は関西寄りの文化が色濃くなり、飲食店で提供されるメニューの傾向も少しずつ変わります。

ページ上部へ