一宮 の人気グルメ&レストラン

尾張地方の中心となる一宮。駅前には名鉄百貨店一宮店や、駅ビルのアスティ一宮があり、JRと名鉄の乗り換えも出来るため、多くの人が通勤・通学などに利用しています。かつては繊維工場だった場所が、再開発によりショッピングモールに生まれ変わり、大型店が充実しているのも特徴です。また、喫茶店の数も多く、県内屈指のモーニング激戦区となっています。町おこしとして一宮モーニングプロジェクトも行われており、モー1グランプリというコンテストも開催されており、さらに注目が集まっています。もっと見る一宮のおすすめの料理は、「焼肉」「寿司(すし)」「居酒屋」です。おすすめのお店は、「一宮 個室居酒屋 竹取御殿 一宮駅前店」「個室ダイニング カーヴ隠れや 一宮駅前店」「Little Napoli noov 」です。おすすめのスポットは、「大雄会第一病院」「尾西記念病院」「シルクホテル」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
愛知県北西部に存在する一宮は、他の地域との区別をつけるために尾張一宮とも呼ばれています。住宅地の増加によって、近年は名古屋のベッドタウンとしても知られていて、多くの世帯が生活の拠点としています。外食産業も「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する壱番屋の本社が存在するなど、活発な動きを見せています。
一宮は商業施設も多い地域だからこそ、地域のいたるところに飲食店が多いのも特徴。ジャンルも和食、洋食、中華、イタリアン、などのグルメのほか、モーニングが発祥となった地域のため、喫茶店が多いのも特徴の一つです。

一宮のエリア情報

一宮は平成17年4月1日に、一宮市・尾西市・木曽川町が合併して、新「一宮市」が誕生。それぞれの地域の特性を集約したため、スポーツセンターや図書館など、文化施設が地域に複数点在しています。
飲食店の分布も地域によって異なりますが、基本的には喫茶店での朝食を1日の始まりとして捕らえる世帯も多いことから、外食産業もおのずと発展しています。町おこしとして行なっている、朝食を喫茶店で食べる「一宮モーニングプロジェクト」も有名。もちろん、夜遅くまで営業している居酒屋やダイニング、バーなども充実しています。

ページ上部へ