白壁・東区役所 の人気グルメ&レストラン

名古屋の高級住宅街として知られる白壁・東区役所エリア。かつての武家屋敷の面影を残した町並みが残っており、名古屋市によって「白壁・主税・橦木町並み保存地区」に指定されています。それゆえ町並みを活かしたお店が多くあり、武家屋敷を活かした和食やフレンチのお店など、趣のあるレストランがあります。懐石、飛騨牛炭焼きなどの高級店やオーガニックレストランなどこだわりのお店が多いのも特徴です。記念日デートやお祝いの席など、特別な日のためのお店を探すなら外せないエリアです。もっと見る白壁・東区役所のおすすめの料理は、「居酒屋」「イタリアン(イタリア料理)」「会席料理」です。おすすめのお店は、「イタリア料理 アンティキ 」「なご八 」「とんぼ 」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
JR中央本線から西側の地域にある白壁は、高級住宅街としても知られている地域です。北区から坂が続いており、下って行くと歴史の古い家を見かけることが多くなります。交通の便では国道41号線や出来町通が通っています。国道41号線には名古屋市市政資料館などの行政施設が建設されており、名古屋市役所や愛知県庁にも近いところにあります。
観光施設では名古屋城にほど近いところにあります。休日に手軽に見学することができます。飲食店も周辺には多く、歴史を感じ取ることができます。名古屋城が近いだけに当時の屋敷をイメージした店内で和食やフレンチなどを楽しむことができます。

白壁・東区役所のエリア情報

江戸時代、白壁町の地域では多くの武士が住んでおり、多数の屋敷が立ち並んでいました。その中でも豊田太郎左衛門の武家屋敷が有名で、印象的な豊田太郎左衛門の屋敷を真似た建物が多く建設されるようになりました。明治以降には道路の改修が行われるなど、太平洋戦争後の復興事業で多くの商業施設も増えていきました。東区は1908年に成立し、その後区役所が完成しました。
戦後には地下鉄も開業され、交通の便が良くなりました。2000年にはナゴヤドーム前矢田駅や砂田駅が開業され、野球の試合を見に行く人が腹ごしらえに食事を楽しむ飲食店も人気を集めています。

ページ上部へ