丸の内・市役所 の人気グルメ&レストラン

名古屋の代表的なビジネス街である丸の内。アルペンビルや三角屋根が特徴の東建本社ビルなどの高層ビルが立ち並び、付近のオフィスに通う方でランチタイムは混雑するお店も多い場所です。個性的なお店が多く入る長者町ビルがオープンしたことで、エリアへの注目度もアップしています。また、仕事帰りのビジネスマンで賑わう居酒屋やダイニングバーも多くあり、多くのお店は夜だけでなくランチも営業しているのが特徴。本格的なフレンチや和食の名店もあり、大人が楽しめるお店が多いエリアです。もっと見る丸の内・市役所のおすすめの料理は、「居酒屋」「イタリアン(イタリア料理)」「フレンチ(フランス料理)」です。おすすめのお店は、「古民家イタリアン居酒屋 Quinci Centrale」「とびきり焼肉 英 はなぶさ 」「新鮮食材×個室Dining いろどり~irodori~ 丸の内店」です。おすすめのスポットは、「名古屋丸の内東急イン」「一色町役場」「幡豆町役場」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
名古屋市内のビジネス街となっている丸の内は中区の北側に位置しています。名古屋城の南側であり、久屋大通や桜通、そして外堀通が通っています。そして名古屋市役所は築80年以上経つ歴史のある市役所です。本庁舎だけでなく、東庁舎や西庁舎もあり、本庁舎は昭和天皇が即位した時の記念事業として建設された建物になります。
景観も歴史を感じるものがあり、名古屋市都市景観条例によって重要建築物として指定されています。飲食店も丸の内や名古屋市役所の周辺に多く点在しており、ビジネスマンがランチを楽しんだり市役所で手続きを終了した人が食事を楽しめる飲食店もあります。

丸の内・市役所のエリア情報

丸の内は1966年の3月に設置されました。江戸時代から清洲越しによって丸の内の領域が設定されていました。堀川の開削によって資材の運搬が活発に行われるようになり、商業地域として知られるようになっていきます。清須から移ってきた豪商によって商売が行われていました。昭和に入り太平洋戦争で甚大な被害を受けますが、再開発によって大規模なビル建設が進められ、今ではビジネス街として成立しています。
名古屋市役所は昭和8年に完成し、1998年には有形文化財に登録されました。長い歴史のある和食やレストラン等があり、家族だけでなく中高年などが楽しめる飲食店も多い地域となっています。

ページ上部へ