南京町・旧居留地 の人気グルメ&レストラン

神戸市中央区の元町通と栄町通にまたがる狭いエリアは、通称「南京町」と呼ばれ、日本三大チャイナタウンのひとつに数えられる魅力あるエリアです。南京町を象徴するあづまやや長安門、西安門、南桜門など華やかな色合いが街を飾ります。通り沿いには、それぞれに特色のある中華料理店がぎっしりと並びますが、スイーツなども楽しめるカフェや軽食のお店、中華食材や雑貨などを扱うお店やブティックなどもあり、ショッピングにグルメに、そしてエンターテイメントにと複合的に楽しめるエリアです。もっと見る南京町・旧居留地のおすすめの料理は、「焼き鳥」「イタリアン(イタリア料理)」「フレンチ(フランス料理)」です。おすすめのお店は、「ボナ トリーチェ 」「ジョルオーネ 」「神戸牛 吉祥吉 本店」です。おすすめのスポットは、「風月堂ホール」「海岸ビルヂング」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
南京町は神戸の元町通と栄町通にまたがるエリアで、日本最大のチャイナタウンの一つとして知られています。中華料理のお店が軒を連ねていますが、和食、イタリアン、フレンチ、スイーツなどのお店もあります。
通り沿いには中華食材や雑貨を販売している店舗もあり、ショッピング、エンターテイメントとグルメを楽しむ事ができます。ショッピングに疲れたら、カフェや軽食の店でコーヒーやスイーツで一息つく事もできます。南京町に行けば、本格的な中華料理をじっくり味わう事ができます。

南京町・旧居留地のエリア情報

南京町神戸港の開港をきっかけに外国人居留地が設けられました。しかし、清国と通商条約を締結していなかった事から、居留地に華僑は住む事ができず、現在の南京町に住み始めました。チャイナタウンとして賑わっており、地元の方はもちろん、遠方からも多くの観光客が訪れています。
このような経緯から南京町には創業年数の古いお店が多いです。様々なジャンルの料理店がありますが、やはり、四川料理、広東料理、上海料理などの中華料理がおすすめです。こだわりのメニューを提供するお店が多いため、きっとお気に入りのお店を見つけられるでしょう。

ページ上部へ