嵯峨野・太秦 の人気グルメ&レストラン

京都盆地の西北に位置する嵯峨野は、京都の中心からさほど距離がないにも関わらず、自然が豊かなエリアで、小径を散策する観光客も多く、歴史や文学に関わる史跡など、見どころも豊富です。湯豆腐や京料理のお店のほか、散策の途中で気軽に休憩できるカフェなどもあります。映画村で有名な太秦には、聖徳太子の菩提のために建立された広隆寺があり、国宝の弥勒菩薩は神々しく、各地からの参拝客が後を絶ちません。帷子ノ辻駅から三条通周辺には、様々なジャンルの飲食店が軒を連ねています。もっと見る嵯峨野・太秦のおすすめの料理は、「懐石(懐石料理)」「中華料理」「会席料理」です。おすすめのお店は、「和食さと 嵯峨」「和食さと 双ヶ丘」「嵯峨鳥居本 遊山」です。おすすめのスポットは、「祇王寺」「サンメンバーズ京都嵯峨」「二尊院」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
嵐山と小倉山のふところに抱かれた嵯峨野。源氏物語ゆかりの野宮神社をはじめ文学に関する史跡が多いエリアです。石畳の小径にはかわいい和雑貨の店や甘味処が並び、乙女心を刺激します。路地のそこかしこに湯豆腐、京料理、カフェなどがやさしいたたずまいを見せています。
一方の太秦は松竹の撮影所で有名ですが、実は閑静な住宅街でもあります。地下鉄東西線太秦天神川が開業しますます市中へのアクセスも良くなりました。近くに住む人も気軽に利用できるラーメン、定食、中華などの店が人気です。

嵯峨野・太秦のエリア情報

882年に一般人の狩猟を禁じ皇族専用の禁野となり、それ以後貴族や文人によってたくさんの山荘や寺院が建てられる事になりました。藤原定家が百人一首を撰んだ山荘も、松尾芭蕉の弟子・向井去来の別荘もこの地にありました。今でも小さな庵を思わせる、こだわりのカフェ京料理和食の店などが多く見られます。
太秦は京都最古の寺・広隆寺があり、国宝の弥勒半跏思惟像で知られています。かつてこのあたりを治めた豪族秦氏が朝廷にうず高く積んだ絹を納めていたので太秦という説もあります。現在では松竹の撮影所があり、和洋中がバラエティ豊かに楽しめるフードコーナーが中に設置されています。

ページ上部へ