門真 の人気グルメ&レストラン

大阪市の東端部に接する門真市は、古代から農業が盛んで、江戸時代には古川を中心とした水郷農村として知られ、現在もレンコンやくわいの名産地として知られています。昭和に入ると大企業の工場が次々建設され、企業城下町として発展。高度経済成長期には大阪都市圏の人口増大とともにベッドタウンとしての性格を強め、大阪市の衛星都市として発展しました。近年は環境に配慮した都市づくりが進められ、特産品のレンコンを中心とした観光活動も盛んです。主な商業エリアは京阪電鉄・門真市駅に集中していますが、門真銀座商店街など、昔ながらの庶民的な商店街も活気をみせています。もっと見る門真のおすすめの料理は、「焼き鳥」「鍋料理」「居酒屋」です。おすすめのお店は、「和風創作料理・居酒屋 樹 」「居酒屋 土間土間 古川橋店」「新串揚げ創作料理「串やでござる」 」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
かつては北河内を代表する農村地帯だった門真。高度成長期には大手企業の工場が多数誘致され街並みが一変しましたが、現在でもその古き良き昭和を感じさせるレトロな街並みを残していて不思議となごむエリアです。
かわいい地元のキャラクターにちなんだ地域通貨「蓮」を使用してさまざまな飲食店で食事をすることもできます。うどん、串揚げ、お好み焼き、たこ焼きといった大阪の自慢の味はもちろんのこと、しゃれたフレンチ、粋なイタリアン、くわいや蓮などの地元の名産品を生かした和食など多彩な味を堪能することができます。

門真のエリア情報

縄文時代の土器も出土するほど古くから人が定住していた門真は、古来より農耕文化が発達した場所でもありました。平安時代には荘園も栄え、江戸時代には幕府が直接統括する豊かな水郷農村集落が形成されました。明治時代には蓮根栽培で全国的に知られるようになり、昭和に入ると大企業の下請・関連工場が数多くならぶモノづくりの街へと変貌を遂げました。
たくさんの人が住むようになるにつれ飲食店も増加の一途をたどり、現在では和洋中さまざまなグルメが楽しめるようになりました。しかし、農村としての歴史を誇るだけあり地元産の食材を大切にしている点は今も昔も変わりません。

ページ上部へ