茶屋町・中崎町 の人気グルメ&レストラン

大阪市北区、阪急梅田駅ホームの高架と新御堂筋に挟まれた一帯、およびその西側のエリアを指します。池田街道筋に多くの茶屋が存在したことが地名の由来になっています。1990年代ごろから始まった再開発により、大阪駅東側・阪急電鉄梅田駅を中心に旧阪急東宝グループの商業施設が次々オープン。通称「阪急村」と呼ばれ、阪急百貨店を皮切りに、ちゃやまちアプローズやNU茶屋町、チャスカ茶屋町など、さまざまな商業施設が密集しています。中崎町周辺には、昔ながらの古民家を改装したカフェや雑貨店、バーなど、個性的なお店が若者の間で人気を集めています。もっと見る茶屋町・中崎町のおすすめの料理は、「寿司(すし)」「居酒屋」「イタリアン(イタリア料理)」です。おすすめのお店は、「隠れ家個室居酒屋 鶏優 ~torimasa~ 茶屋町店」「イタリアン×茶屋町酒場 calimero -カリメロ-」「とりひめ オリエンタルリミックス茶屋町店」です。おすすめのスポットは、「アプローズタワー 貸会議室」「ハートンホテル北梅田」「ホテルグリーンプラザ大阪」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
茶屋町・中崎町はバブル時代に開発が加速し、様々な商業施設がオープンしました。飲食店も多数入居していますが、カジュアルなカフェやレストランが多い傾向にあります。
茶屋町・中崎町は昭和以降に急成長を遂げた都市ですから、「大阪下町情緒」を感じさせるようなお店はあまり見かけません。流行を意識した店舗が集中しており、個室ダイニング、ワイン専門店、開放的なカフェなど、都心部ならではの飲食店が充実しています。

茶屋町・中崎町のエリア情報

茶屋町中崎町はとても歴史のある地域で、紀元1世紀頃には既に干潟があり、さらには5世紀の中頃にはこの地域で人が住んでいたとされています。ただし、江戸時代までは野原で、本格的に街が形成されていくのは明治頃から。当時はシンボルタワーも形成されたのですが、昭和初期に取り壊されてしまったという記録が残っています。
現在の茶屋町中崎町は昭和後期から平成以降に誕生した店舗が多く、飲食店も比較的新しいところが中心です。アーバンで個性的なお店も多く、主に若年層を中心に人気を集めています。

ページ上部へ