神戸市西区 の人気グルメ&レストラン

神戸市中心部のベッドタウンとして開発が進み、神戸市9区でもっとも人口の多い西区は、神戸市の新たな文化、教育の集積地としての期待が高まるエリアです。複数の住宅団地や工業団地、学園都市、複合産業団地といった新興地区が、旧来の田園風景を残す農村地帯に隣接する形で存在します。南北に伸びる国道175号線沿いにはラーメン店や大型のファミリーレストランなどが多く、家族連れやグループでの利用にも便利です。また西神中央駅などの駅前など、ショッピングセンターに隣接する形で様々なグルメスポットがあります。もっと見る神戸市西区のおすすめの料理は、「焼肉」「パスタ」「ホルモン」です。おすすめのお店は、「和食さと 玉津」「和食さと 伊川谷」「焼肉酒家 暁市 西神戸店」です。おすすめのスポットは、「カナートホール」「神戸市看護大学」「兵庫県立大学(神戸学園都市キャンパス)」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
六甲山地の西側にある当エリア。もともとは神戸市中心部の過密化を解消するため、ポートアイランド、六甲アイランドへと土砂を運搬した跡にできたニュータウンでした。現在では複合産業団地と学園都市の間に旧来の農村をそのまま残した、緑も多いエリアとして知られています。
ショッピングセンターもあり大変暮らしやすい地域ですが、周辺には様々な飲食店があり、家族連れなどで賑わっています。国道174号線沿いにはファミリーレストラン、ファーストフード、ラーメン店が並びドライブにも便利です。

神戸市西区のエリア情報

かつては明石郡に属する田園地帯だったこの一帯が、突然脚光をあびたのは1965年の市会議。当時は明石平野に新都心を作る事が構想されていたのです。1970年頃から神戸市中心部のベッドタウンとして開発が進み、1982年には垂水区から区分しました。現在でも若者が多く高齢者が少ない、高齢化社会の中にあって珍しい地域になっています。
若者人口が多いだけあり、ラーメン店、ファーストフード、焼き肉などの若者が好きな飲食店も数多くあります。ファミリーレストランやショッピングセンターのフードコートなど、リーズナブルに利用できる店が揃っています。

ページ上部へ