八幡・京田辺 の人気グルメ&レストラン

京都市の南に位置する八幡、京田辺エリアは、緑が多く残る中にも都市機能が整備され、静かな環境での快適な暮らしを望む人たちに人気の高いエリアです。京阪八幡市駅から伸びる大通り沿いにはそば処や寿司、焼き鳥、居酒屋といった和食中心の飲食店が多く、京阪国道沿いはファーストフードやファミリー向けの大型レストランが並びます。JR京田辺駅や近鉄新田辺駅、同志社田辺キャンパスの周辺には様々なジャンルのレストランやおしゃれなカフェなども増えてきており、学生達が集う場となっています。もっと見る八幡・京田辺のおすすめの料理は、「焼き鳥」「居酒屋」「フレンチ(フランス料理)」です。おすすめのお店は、「BALIcious 」「村さ来 新田辺店」「Beer dining Parum 」です。おすすめのスポットは、「精華町役場」「和束町役場」「同志社大学(多々羅キャンパス)」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
京都府の南端の一角をしめる当地域は大阪と接しています。各方面へのアクセスが良く、緑も多い住みやすい環境のためベッドタウンとしても根強い人気を誇ります。会員制倉庫型量販店やパーキングエリアもあり、ファミリーがリーズナブルに利用できるフードコートが充実しています。
小さな子供連れでも気兼ねなく利用できるファミリーレストラン、ファーストフードがある一方で、同志社田辺キャンパスの学生のためのおしゃれなカフェやカジュアルレストラン、定食屋などもあり、家族連れからお一人様までお任せのエリアです。

八幡・京田辺のエリア情報

竹取物語は平安初期に書かれた日本で最も古い部類の物語です。竹取物語の舞台である事を主張する街は日本各地にありますが京田辺もその一つ。市内の郷土史研家らの研究によれば、古事記に登場する「迦具夜比売命」は京田辺市の筒木に竹取翁が住んでいた事を裏づける古文書があるという事です。
いにしえを思わせる竹林も残るこのエリアですが、今では現代的な住宅街となっており、緑の多さが子育て世代の家族にも人気です。飲食店もファミリーで利用しやすいファストフードなどが充実。リーズナブルな和食洋食中華が揃っています。うどん焼肉カレーなどの庶民派メニューも好評です。

ページ上部へ