伏見・醍醐 の人気グルメ&レストラン

京都市の南部に位置する伏見エリアは古くから街道が整備され、水運も発達した要衝として栄えてきました。伏見稲荷大社を筆頭に数多くの史跡が残り、四季を通じて様々な歳時も執り行われます。酒蔵が多く、日本酒に合うおいしい食事を提供する食事処も豊富です。個性的な趣がある寺院が多く自然豊かな醍醐エリアは、地下鉄一本で京都の中心部に直通のため、住みよい地域として人気が高まっています。東西線の沿線を中心に、焼き肉や焼き鳥の専門店、ファミリーレストランなど、家族連れでも利用しやすいお店が数多くあります。もっと見る伏見・醍醐のおすすめの料理は、「焼肉」「居酒屋」「ホルモン」です。おすすめのお店は、「九州 熱中屋 伏見桃山 LIVE」「hokkaido 高田家 」「串だいにんぐ 炭焼 浪漫家 藤森店」です。おすすめのスポットは、「蘇生会総合病院」「武田総合病院」「京都市伏見区役所」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
伏見稲荷大社はじめ数々の史跡スポットが残り、季節ごとの歳事も盛んなこのエリア。古き伝統が今も人々の生活の中に息づいています。古くから伏見街道が通り、水運も発達していた当地域は水の都でもあります。澄んだ水が街道を運ばれてきた米と出会い、数々の銘酒を生み出してきました。
造り酒屋も残る当地域ならではの、こだわりの日本酒と京料理のマリアージュを味わえる店がたくさんあります。フレンチ、イタリアンと日本酒の意外な相性の良さも味わえます。気取った店ばかりではなく、気軽な焼き鳥や定食屋もあり、リーズナブルにちょっと一杯する事もできます。

伏見・醍醐のエリア情報

伏見の街の基盤が整えられたのは豊臣秀吉の頃でした。醍醐寺で秀吉プレゼンツ「醍醐の花見」が開催されるなど、伏見城下町として発達していきました。関ヶ原の戦いのきっかけも伏見城の戦い。幕末は旧幕府軍と新政府軍が戦った鳥羽伏見の戦いの主戦場になるなど、歴史を動かすような出来事が何度も起きた場所なのです。
瓦屋根・格子戸の酒蔵が並ぶ街並みは、当時を忍ばせる風情です。酒蔵だけではなく、カフェ、レストランなども外観に統一性を持たせています。酒処ならではの日本酒の美味しい小料理屋などもあります。

ページ上部へ