銀閣寺・北白川・出町柳 の人気グルメ&レストラン

京都の市街地から少し離れ、緑豊かな山々のふもとから鴨川に向かって広がる閑静な住宅街エリア。北白川周辺にはハイセンスなレストランやカフェも多く、京都観光を兼ねたグルメ通の旅行者が各地から集まってくるエリアでもあります。世界文化遺産である銀閣寺周辺や「哲学の道」界隈には、湯豆腐などの和食を提供する食事処や、散策の途中に立ち寄れるカフェや甘味処もたくさんあります。出町柳には、お店選びにもこだわりを持つ若い人たちにも評価の高い個性的なカフェなども続々と新しく登場しています。もっと見る銀閣寺・北白川・出町柳のおすすめの料理は、「割烹」「居酒屋」「フレンチ(フランス料理)」です。おすすめのお店は、「The Trinity Stage 」「浪花屋 鳥造 百万遍店」「ぜん 」です。おすすめのスポットは、「京都大学(生命科学研究科)」「京都市左京区役所」「京都大学(数理解析研究所)」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
吉田山の豊かな緑に彩られ名刹が点在。京都大学の所在地でもあるこのエリアは、観光客と学生で大変賑わっています。京大教授もつとめた哲学者・西田幾多郎が散策した哲学の道は琵琶湖疎水沿いの桜並木。銀閣寺と南禅寺を結ぶ散歩ルートとしても人気です。湯豆腐、わびさびを感じさせる和食、甘味処などが充実しています。
一方の白川通を北上すれば出町柳。ふたつの川は合流する鴨川のスタートライン、鴨川デルタがあり、学生カップルに人気です。こちらの方は若者に人気のカフェ、オーガニックレストラン、リーズナブルな居酒屋などが揃っています。

銀閣寺・北白川・出町柳のエリア情報

銀閣寺の起源は1482年に足利義政が建てた東山山荘です。その死後に菩提を弔うために寺とされたという歴史から、住居の様式と禅宗の様式が見事に融合しています。わびさびを重んじる東山文化を代表する建築となりました。正式名称は慈照寺で、金閣寺になぞられて銀閣寺と呼ばれるようになったのは江戸時代以降のことです。
近隣の南禅寺と共に寺めぐりをした後は、南禅寺蒸しを楽しむのもよし。周辺には豆腐料理の店もたくさんあります。そのほか、甘味処、カフェなど休憩にぴったりの店がいろいろ揃っています。

ページ上部へ