鶴見・都島 の人気グルメ&レストラン

大阪24区のうち最東端に位置する鶴見区は、近年人口増加が進むエリアです。1990年に開催された国際花の博覧会をきっかけにさまざまな商業施設が建設され、大阪鶴見花卉地方卸売市場とショッピングモールを併設した三井アウトレットパーク大阪鶴見は、家族連れや観光客で賑わっています。豊臣秀吉の時代に宿場町として栄えた都島区は1980年代ごろから開発が進み、ペルパークシティを発端に、工場跡地を利用した高層マンションの建設ラッシュが続いています。こうした住民の生活に沿うように、京阪モール・kiki京橋・地下街コムズガーデンなど商業施設が密集しています。もっと見る鶴見・都島のおすすめの料理は、「焼肉」「居酒屋」「ホルモン」です。おすすめのお店は、「アヒージョ&パスタ 」「黒毛和牛焼肉 うのう 都島本通店」「麺舎 真道 」です。おすすめのスポットは、「藍の都脳神経外科病院」「大阪市鶴見区役所」「大阪市旭区役所」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
鶴見・都島は住宅街として形成された地域です。かつては工業都市でしたが、跡地には高層マンションも続々と建設されており、まだまだ人口が増加傾向にあります。1990年、国際花の博覧会が開催されたことを契機として、様々な商業施設が建設されました。大型ショッピングモールも形成されており、遠方からも人が集まっています。
多数の人口を抱える鶴見・都島ですから、飲食店も増加傾向にあります。発展が著しく、個性的な業態のお店も充実。ジャンルは和洋中を問わず豊富な選択肢があります。

鶴見・都島のエリア情報

鶴見都島鎌倉時代からの伝承があり、さらには戦国時代後半には宿場町として栄えた地域です。古くは日本書紀にも記されています。江戸時代に入ると農地開拓も行われ、農業が盛んな地域になりました。明治に入ると文明開化の影響を受けて、農地から住宅地、工業地、商業地が混ざり、現在の地域の雛形ができあがりました。
現在、鶴見都島の飲食店は地域の発展に伴い増加傾向にあります。昔ながらの飲食店よりも新たな店舗が充実しており、過渡期にあるエリアだと言えるでしょう。

ページ上部へ