吹田・摂津 の人気グルメ&レストラン

大阪市の北部に位置する吹田市・摂津市は、1960年代の高度成長期に千里ニュータウンが建設され、巨大なベッドタウンとして有名です。また、1970年に開催された日本万国博覧会の開催地としても知られ、万国博覧会記念公園は市民の憩いの場となっています。吹田という名前のとおり、古くから稲作が盛んで、千里丘陵のタケノコや鳥飼ナスなどの特産品もあります。主な商業地域は吹田駅および千里丘駅に集中しており、吹田駅前「旭通商店街」をはじめとする商店街と、吹田さんくすといったショッピングモールや大型商業施設が立ち並んでいます。もっと見る吹田・摂津のおすすめの料理は、「焼肉」「居酒屋」「ホルモン」です。おすすめのお店は、「神楽揚処 本 串家 ららぽーとEXPOCITY店」「焼肉 だいこく家 吹田岸辺店」「cotton 」です。おすすめのスポットは、「市立吹田市民病院」「大阪大学(蛋白質研究所)」「国立循環器病研究センター病院」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
吹田・摂津は京都・大阪間の巨大住宅街として知られています。高度経済成長期になると、商業街の開発が進み、爆発的に人口が増えました。万国博覧会が開催された地域でもあり、当時整備された環境が現存しています。
吹田・摂津は万博以降に誕生した飲食店が目立ちます。ベッドタウンですから、庶民的なチェーン系列のお店が多く見られます。一方、大型商業施設には先鋭的なお店も目立ち、流行を意識したお洒落なところも見受けられます。

吹田・摂津のエリア情報

吹田・摂はとても歴史のある地域です。旧石器時代の遺跡が発見されているのを初め、縄文時代、弥生時代、古墳時代など、様々な時代の古墳が見つかりました。このことから、古くからこの地で人類が生活していたことが確認されています。明治に入ると、大阪・京都間に鉄道が開通したのをきっかけに吹田駅が開業され、駅を中心に賑わいを見せるようになりました。
大阪と京都の間で栄えた歴史から、関西圏の食文化を強く受けています。近年はチェーン系居酒屋ファストフードが多い住宅街の趣が強いですが、地域ならではのお店にはその特色が色濃く残されています。

ページ上部へ