守口 の人気グルメ&レストラン

大阪市に隣接する守口市は、大阪都市圏におけるベッドタウンとしての性格をもつエリアです。主な繁華街は京阪電鉄守口駅で、駅と直結したショッピングモール「エル守口」や、駅前の京阪百貨店、ロイヤルパインズホテルなどを中心に飲食店が密集しています。戦国時代から江戸時代にかけて、この地では長さ1メートルにも及ぶ特殊な大根が栽培されており、豊臣秀吉がその大根の漬物を賞味した際に「守口大根」と命名。現在、この守口大根を市の名産品として広めようと、市内の農家と連携した試みが行われています。もっと見る守口のおすすめの料理は、「寿司(すし)」「鍋料理」「居酒屋」です。おすすめのお店は、「和食さと 守口」「和食さと 守口寺方」「守口 個室居酒屋 月の都 守口駅前店」です。おすすめのスポットは、「守口ジャガーグリーン店」「関西医科大学(滝井キャンパス)」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
守口は大阪市に隣接する大阪・京都への良好なアクセスを持つ住宅街でありながら、繁華街として駅ビルや駅周辺の大型複合商業施設が充実しています。ビジネスマンや若者が暮らしやすいエリアです。
守口駅周辺にはカジュアルなお店や流行を意識したお店が目立ちます。カジュアルダイニングや創作鉄板焼き、洋風居酒屋など、個性的な店舗も充実しています。郊外は駐車場のあるファミリーレストランやファストフードを中心に飲食店が多いです。

守口のエリア情報

室町時代は京都を守る前衛地域として栄えていた守口は、豊臣秀吉が大阪城を築城した際、今度は大阪の「守り口」になります。交通はもちろん、国防の要所として栄えました。その後、守口宿が誕生したこともあり、古くから歴史上に名前が出てくる地域です。
当時、秀吉が愛したとされる守口大根も当エリアの名産品です。現在では市内の農家がご当地グルメとして名産品づくりに向けて勤しんでいます。
大阪市内でも栄えていた守口。創業が明治にまでさかのぼる飲食店もありますが、現在の住宅街・繁華街という特性から新たなお店も登場しています。新旧入り混じる新興住宅街らしい地域形成となっています。

ページ上部へ