江坂 の人気グルメ&レストラン

大阪府吹田市南西部にある江坂町を中心としたエリアで、最寄駅は市営地下鉄御堂筋線江坂駅。大阪副都心と称されることもあります。大学や予備校が多いことと、首都圏からの単身赴任族が多く住んでいることから、駅周辺にはカジュアルな飲食店が集まっています。江坂駅西側に広がる商店街は「江坂ウェストストリート」の愛称で親しまれ、東急グループが昭和50年代から街づくりを先導してきたため、東急ハンズ、東急イン、江坂東急O'tsなど、東急系の商業施設が目立ちます。東京資本のチェーン店が西日本に進出する時に、第一号店の場所として選ばれることも多いエリアです。もっと見る江坂のおすすめの料理は、「鍋料理」「居酒屋」「ホルモン」です。おすすめのお店は、「home cafe 」「個室居酒屋 くら 江坂豚舎 」「隠れ家個室居酒屋 弥吉 ~yakichi~ 江坂店」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
万博以降、江坂は大阪副都心としての特性が強くなりました。大学や予備校が多い学生街として知られています。また、ビジネス街として単身赴任者が多いことでも知られています。駅周辺には学生や単身で訪れるサラリーマンを狙ったリーズナブルなお店も集中しています。
江坂は地域内にある商店街が多くの人で賑わいを見せています。庶民らしさとハイソな感覚が入り混じっており、ひと癖ある空気を醸し出しています。チェーン系列店の店舗も多く、手軽に楽しめるお店が多いものが特徴です。

江坂のエリア情報

平安時代から江坂東寺の荘園でした。田園地帯が広がる農地として発展していました、1960年以降、区画整理が行われました。万博が行われるにあたり、地下鉄等交通網のインフラも整備されました。結果、千里ニュータウンの前衛地帯として開発が進み、さらには大企業も移動してくるなど、大阪の副都心として機能するようになりました。
江坂の飲食店の傾向として1970年代以降から営業を開始したお店が多いです。老舗よりは新進気鋭でカジュアルな雰囲気のお店も増えています。関東圏の雰囲気も持ち合わせているのか、東京資本のチェーン店が西日本に進出する際、江坂に関西一号店を設置する事が多いようです。

ページ上部へ