天下茶屋・西成 の人気グルメ&レストラン

大阪市東部・西成区、南海電鉄天下茶屋駅を中心とするエリアです。その昔清らかな水が湧き出ることから茶屋が建てられ、のちに豊臣秀吉が立ち寄ったことから「天下茶屋」と呼ばれるようになった、と言われています。歌舞伎の演目「天下茶屋の仇討」でも有名になりました。駅前から続く天下茶屋駅前商店街は250mほどのアーケードで、代々続く割烹料理店や手打ちそば屋、昔ながらのお好み焼き店や惣菜店などが軒を連ね、茶屋町として栄えた面影を残しています。萩ノ茶屋駅近辺はさらに下町色が濃く、アニメ「じゃりん子チエ」の庶民的な世界がそのまま広がっています。もっと見る天下茶屋・西成のおすすめの料理は、「寿司(すし)」「鍋料理」「居酒屋」です。おすすめのお店は、「旬魚旬菜 たんぽぽ 塚西店」「ごち 天下茶屋店」「本格炭火焼居酒屋 鶏爛漫 天下茶屋店」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
天下茶屋・西成は現在は閑静な住宅地として栄えています。天下茶屋駅前には歴史の長い商店街があります。どちらかと言えば庶民的なお店が多い傾向にあります。
天下茶屋・西成は地元の人に愛されているお店が多く、全体的にリーズナブルな価格で楽しめるお店が多いです。まさに下町大阪の雰囲気の色濃いお店が多いのが特徴です。業態としては居酒屋が目立ちますが、隠れ家風からカジュアルでバーのようなムードの漂うお店まで、個性を打ち出したお店が多数あります。

天下茶屋・西成のエリア情報

天下茶屋」という地名は、戦国時代、楠木正成の末裔とされている、芽木小兵衛光立が茶屋を開き、その孫の代に豊臣秀吉がこの茶屋を訪問。味の良さに感動した事から朱印を与えました。天下を取った秀吉のお墨付きということが、現在の地名の由来です。
明治になると鉄道が開通します。その際、前述のエピソードを取って「天下茶屋駅」と名付けられたというのも、この地域ではとても有名な話です。
飲食店は全体的に老舗が多いです。昔から代々続いている定食屋や鉄板焼き屋といったお店が目立ちます。冠婚葬祭や宴会など、大人数OKのお店もあります。

ページ上部へ