新世界 の人気グルメ&レストラン

通天閣がそびえる、大阪を代表するダウンタウン、新世界。かつては畑地や荒地が広がっていましたが、明治時代に大阪市に編入されると、芝居小屋や映画館、飲食店が集まりはじめ、一大歓楽街に発展しました。特に90年代以降は、テレビドラマの舞台になるなど全国的に認知度が高まり、今では隣の天王寺周辺も含め人気観光スポットとして老若男女で賑わっています。B級グルメも人気で、その代表格が串カツ。下町情緒あふれる商店街「ジャンジャン横丁」にある老舗店をはじめ、数多くの串カツ店がしのぎを削っています。もっと見る新世界のおすすめの料理は、「串カツ」「居酒屋」「串揚げ」です。おすすめのお店は、「串カツ 味の関所 大よし 」「串かつ・たこ焼き 味の大丸 」「朝日 」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
庶民的な繁華街として知られていた新世界ですが、微妙に駅から離れている事もあり、一時期は衰退傾向にありました。現在は、昭和の名残を感じさせるクラシックな商店街として近年再び人気が高まり、観光客も多く訪れるエリアになりました。大阪の象徴と言っても良い通天閣があり、地元の人ばかりでなく、国内外を問わず多くの観光客の姿も見かけます。
飲食店は庶民的で「下町大阪」のムード漂うお店が多いです。鉄板焼き、B級グルメの串揚げなどリーズナブルで街の雰囲気とマッチしたお店が目立ちます。

新世界のエリア情報

新世界周辺は明治の後半まで農地・荒地でした。1903年に内国勧業博覧会という万博のようなイベントが開催され、5ヶ月間で530万人を動員。博覧会のために街・交通網が整備されたことから始まります。跡地は大阪市の管理と民間へ払い下げられた部分に分かれており、後者が現在の新世界となります。
現在の新世界はその名残が続いています。戦時中に被害を受けて通天閣も解体。戦後、通天閣の復興とともに飲食店街が形成されました。店舗自体は戦後にできたものが多いですが、大阪下町の情緒を感じさせる風景にはかわりありません。

ページ上部へ