大正・住之江 の人気グルメ&レストラン

大正区は、大正時代から沖縄の移住者が多く、区民の約4分の1が沖縄出身といわれています。大正駅周辺には沖縄料理店が点在しますが、より沖縄色を強く感じられる場所として、駅からは離れた「リトル沖縄」と呼ばれるエリアがあります。その中心にある平尾商店街では、沖縄食材や沖縄雑貨などが手に入ります。一方、住之江区は大阪24区の中で最も広い面積を有し、観光スポットとして人気の高い南港は住之江区にあります。また、住之江競艇場はボートレースファンの間では有名で、「競艇のメッカ」と呼ばれています。もっと見る大正・住之江のおすすめの料理は、「焼肉」「居酒屋」「ホルモン」です。おすすめのお店は、「板前焼肉 一光 住之江本店」「海賊浜焼き 船上直送 豊丸水産 住之江公園店」「大正 ワイン食堂 BARVIDA 」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
大正・住之江は沖縄からの移住者が多いエリアです。さらに、大阪屈指の工業地域である点も見逃せません。住之江競艇場もありますが、こちらは「競艇のメッカ」とされているほど。関西でも有数の競艇場です。
大正・住之江は地域の特性から沖縄人で形成されたエリアがあります。専門性の高い沖縄料理店が充実しています。エリア自体は工業地域ですから、庶民的なお店も多いです。大衆的でリーズナブルな定食屋やファストフード系のチェーン店など、手軽に利用できるお店が充実しています。

大正・住之江のエリア情報

大正住之江に人が住み始めるようになったのは江戸時代とされています。かつては三角州地帯でしかなく、人が住めない場所でした。漁民が移住した事から、徐々に新田開発が進められたとされています。
明治に入ると、大正住之江の会社がイギリスから紡績機を輸入。おかげで大阪は日本一の紡績工業都市へと変貌する事になりました。農地だった場所も工業地域へと変化します。近年は工場が撤退すると、その跡地には大型商業施設が誕生しました。カジュアルな飲食店も入居しています。

ページ上部へ