(大阪)日本橋 の人気グルメ&レストラン

東京の「にほんばし」に対して、大阪は「にっぽんばし」。主に日本橋駅(地下鉄・近鉄)南側周辺を指します。江戸時代には紀州街道の一部でもある堺筋沿いに旅籠などが並び、長町とも呼ばれました。明治以降、古書店街を経て、終戦後は東京・秋葉原と並ぶ日本有数の電気街(でんでんタウン)となり、「東のアキバ、西のポンバシ」とも称されます。フィギュアやコスプレなど”オタク”向けショップの集まる通称「オタロード」も有名。堺筋から1つ東筋の南北を中心に、大阪庶民の台所「黒門市場」があります。もっと見る(大阪)日本橋のおすすめの料理は、「寿司(すし)」「居酒屋」「中華料理」です。おすすめのお店は、「ホルモン肉問屋 小川商店 日本橋店」「飲茶・中華 〜香港楼〜 」「中華酒場 黒門 -轍- 」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
日本橋は電気街として知られています。しかし、電気ばかりでなく様々な分野の施設が充実。国立文楽劇場や黒門市場、はきはきタウンもありますので、いろいろな人で賑わいを見せている地域です。
人の出入りに合わせて飲食店の数も増えました。ジャンルも幅広いですが、お洒落なものよりも大衆向けの飲食店が目立ちます。居酒屋、中華、韓国料理、イタリアンと業態も多彩ですが、全体的にお酒が飲める店舗が目立ちます。

(大阪)日本橋のエリア情報

日本橋という地名の由来は、江戸時代に橋が架けられたことにあります。1792年、現在の地名に改称されました。当時は紀州街道に面していたこともあり、宿や旅籠が立ち並んでいました。昭和に入ると古書店街として賑わいを見せるようになりますが、戦後は電気街として発展します。現在は「東の秋葉原、西の日本橋」と並び称されるようになりました。
日本橋はチェーン系列店の居酒屋ファストフードが目立ちます。一方、お洒落なお店も見かけますので、電気街としてだけでなくグルメ街としての顔も持ち合わせています。

ページ上部へ