千日前・法善寺横丁 の人気グルメ&レストラン

ミナミの中心、道頓堀の南に位置する千日前は、大阪らしさを最も感じられるエリアの一つ。古くから芝居や演劇が盛んで、現在も演芸場や映画館、飲食店などが集結する大歓楽街です。よしもとの本拠地「なんばグランド花月」があるのもここ。また、食い倒れの町大阪らしい、食の道具専門店が密集する千日前道具屋筋商店街は、料理好きにはたまらない場所です。一方、法善寺横丁は小説「夫婦善哉」の舞台として知られ、水かけ不動尊で有名ですが、お好み焼きや串揚げ、ふぐなど名物店が軒を連ねるグルメスポットでもあります。もっと見る千日前・法善寺横丁のおすすめの料理は、「寿司(すし)」「鍋料理」「居酒屋」です。おすすめのお店は、「なんば千日前 焼肉処 又来家(またらいや) 」「メディアカフェポパイ なんば店」「個室居酒屋 刻 難波店」です。おすすめのスポットは、「ビジネス イン 千日前ホテル」「千日前商店街」「戎橋筋商店街」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
なんば駅と日本橋駅に挟まれているのが千日前です。人の流れも活発ですが、演芸場や映画館の多い娯楽街として知られています。また、カブセルホテルやサウナ、パチンコ等も多いため、地元の人間から観光客まで多くの人で賑わいを見せている地域となっています。
飲食店の傾向としては、下町情緒のあるお店が目立ちます。大阪名物とも言えるお好み焼きやたこ焼きのお店、昔ながらの鉄板焼きのお店が目立つ地域です。手書きの看板等も多いですから、人の賑わいとは裏腹に、どこか懐かしい雰囲気を思わせる飲食店が並んでいます。

千日前・法善寺横丁のエリア情報

千日前は江戸時代初期は墓地でした。刑場も併設されていた事から、千日前に纏わる怪談話が多いです。明治になると刑場が廃止され、墓地が阿倍野に移転したものの、元々が墓地という事であまり人気が出ませんでした。そのため、大阪市が10坪購入した人間に「灰処理代」として5円を援助するという方針を打ち出すと、多くの買い手がつき、繁盛していくようになったとされています。
劇場が多い理由は明治後半から大正にかけて、興行が賑わったからです。この時代から千日前では興行目当てで人が集まるようになります。戦後復興から現在にかけて、下町風情のある飲食店が増えました。

ページ上部へ