(大阪)福島・野田・中之島 の人気グルメ&レストラン

このエリアは明治以降、繊維産業などが発展し、現在も多くの中小企業が集まっています。JR福島駅は大阪駅の隣という交通利便性の高さから、駅周辺はオフィスビルや商業地が集まっていて、約500m離れた阪神野田駅周辺も商業地として賑わっています。一方、JR野田駅周辺は古い街並みが残り、下町情緒が感じられます。近くには、東京・築地に次ぐ国内有数の規模を誇る大阪市中央卸売市場本場があります。ただ最近は、立地の良さから開発が進み、新都市「ほたるまち」をはじめ高層マンションが次々に建設されています。もっと見る(大阪)福島・野田・中之島のおすすめの料理は、「鍋料理」「居酒屋」「イタリアン(イタリア料理)」です。おすすめのお店は、「LA TERRASSE NAKANOSHIMA」「CAFE TERRACE FRuful! 野田阪神店」「NINO TRAVIESO FUKUSHIMA」です。おすすめのスポットは、「ホテル阪神」「環状線高架下」「松本病院」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
福島・野田は大阪市街地からは多少離れている場所にあり、商業地というよりも工業地として栄えています。そのため、道頓堀やミナミに見られるような高層建築物よりも、倉庫や工場を見かける事の方が多いでしょう。労働者が多い地域ですから、観光で訪れる人よりも、近隣に住んでいる人が働く地域です。
飲食店にしても外向けではなく、労働者向けのものが多い傾向にありますので、お洒落なレストランやカフェよりも、昔ながらの定食屋ですとか、大阪ならではな鉄板焼き、串揚げのお店が目立ちます。大阪下町情緒を感じる飲食店が多いのがこの地域の特徴でしょうか。

(大阪)福島・野田・中之島のエリア情報

福島・野田は元々は河口部に広がる、土砂が堆積しているだけの島だったと考えられています。「餓鬼島」という名称だったのですが、縁起が悪いという事で菅原道真が大宰府に左遷される際に立ち寄り、「福島」と名付けたとされています。平安時代には荘園も開かれていたようで、1897年に大阪市に編入されるまでは村でした。
歴史から、繁華街というよりも落ち着いた雰囲気の地域として発展しました。飲食店も外部の人間向けではなく、定食屋のように地元で働いている人向けのお店が多いため、大阪ならではの串カツお好み焼き鉄板焼きのお店が多いです。

ページ上部へ