取手・守谷 の人気グルメ&レストラン

茨城県の南部にある取手・守谷エリア。東京都心のベッドタウンとして発展してきたエリアで、取手駅前には様々な飲食店が立ち並びます。また、常総ニュータウン南守谷・ヒルズ美園などがある戸頭にも、大型商業施設が増えており、周辺には飲食店も充実。また、守谷市は幹線道路沿いに多くの商業施設があり、メインの通りである常総ふれあい道路沿いには特に多くのお店が充実しています。イタリアン、洋食、中華などお店のジャンルも様々なので、気分に合わせてお店を選べるのもうれしいポイントです。もっと見る取手・守谷のおすすめの料理は、「寿司(すし)」「居酒屋」「イタリアン(イタリア料理)」です。おすすめのお店は、「石挽蕎麦と炭火焼 一成 ‐ichinaru‐ 守谷店」「CARIBBEAN CAFE 守谷店」「海とぅ島 守谷店」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
茨城県南部に位置し、東京へのアクセスが便利なことからベッドタウンとして発展してきた取手・守谷エリア。常総ニュータウンの開発によって整備された、水と緑が融合したゆとりある居住区域です。
取手駅前を始め、取手市から守谷市へ伸びる294号線、常総ニュータウンの各地域を繋ぐ常総ふれあい道路など主要幹線沿いには大小の飲食店が林立しています。そばや寿司など和食、フレンチ、中華などジャンルも多彩。またカフェやパン屋も多くあり、閑静で安らげる町並みに相まって優雅にティータイムを過ごせる雰囲気です。
アートの街として知られるエリアだけに、おしゃれなお店が多いのも特徴の1つです。

取手・守谷のエリア情報

現在の国道6号線が水戸街道として機能していた江戸時代から宿場町として人が行き交った取手周辺。同時期に守谷城の城下町として繁栄していた守谷周辺。この地域は、1970年代から常総ニュータウンの一角として開発された他、1985年に開催された国際科学技術博覧会(つくば万博)に向けた整備が行われてきました。
1990年代後半から各々の地域で取り組まれているアートプロジェクトにより芸術と共存する美しい街としてのイメージも定着。
このエリアの飲食店は幅広い年代に親しまれるあらゆるジャンルの飲食店が点在し、また気軽にランチやティータイムを楽しめるカフェもたくさんあります。

ページ上部へ