那珂・東海村 の人気グルメ&レストラン

茨城県の北部にある那珂・常陸太田エリア。水戸市やひたちなか市のベッドタウンとして発展しており、人口が増えるとともに新しいお店もオープンしています。ショッピングセンターなどの商業施設や飲食店が充実しているのは国道349号線、国道6号線などの幹線道路沿い。本格的な和食のお店や、気軽に入れるカフェや居酒屋まで、様々なジャンルのお店が揃います。大型駐車場を併設しているお店も多いので、車での移動も安心なのもうれしいところ。お気に入りのお店を、ぜひ探してみてください。もっと見る那珂・東海村のおすすめの料理は、「焼き鳥」「居酒屋」「イタリアン(イタリア料理)」です。おすすめのお店は、「釜めし 寿司 かぐや姫 」「炭と 」「元祖札幌や 東海店」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
那珂・常陸太田は茨城県の北部または東北部に位置しており、那珂市と常陸太田市をまとめたエリアです。茨城県の県庁所在地である水戸市や主要都市の1つであるひたちなか市のベッドタウンとして機能しています。
常陸太田市の特産品の1つに常陸秋そばがあることもあり、そば店を始め本格和食店が点在しているのが特徴です。その他、ベッドタウンの特徴としてその地域に密着したカフェやイタリアンレストランなど地域住民に愛されるお店が新しくできています。
特に、水戸市から常陸太田市を通る国道349号線沿いには大型商業施設もあり、その中や周辺に飲食店が集中しています。

那珂・東海村のエリア情報

古くは常陸太田市にあった太田城は、常陸源氏の流れをくむ佐竹氏の本拠地として栄えました。また、近隣の水戸市は昔の常陸国の中心部であり、江戸時代には徳川光圀を筆頭に水戸徳川家の拠点として機能していました。
その流れをくみ、水戸市の繁栄と同様に城下町として発展してきた常陸太田市周辺や、常陸国の要所であった那珂市周辺も人が集まる地域である上、水戸市とのアクセス良好なため同じように発展を遂げました。
国道349号線を始め数々の主要幹線が交差する地域で、道路沿いに車で立ち寄れるお店が多数立ち並んでいます。車でのアクセスに便利な駐車場完備のお店が多いのも特徴です。

ページ上部へ