勝浦 の人気グルメ&レストラン

勝浦は千葉県房総半島の南東部の外房に面したエリアであり、都心からは東京湾アクアラインを利用するとアクセスが良好です。太平洋側に面しているため、新鮮な魚介類を楽しめる食堂・寿司屋・割烹が数多く軒を連ねています。また、ご当地ラーメンであるタンタンメンも有名です。勝浦式タンタンメンは、勝タンや勝浦系タンタンメンとしても親しまれており、ゴマや芝麻醤を使わず、醤油ベースのスープに辛みのあるラー油や唐辛子で炒めた玉ねぎや豚のひき肉を具材としたもので、その人気からカップラーメンにもなったほどです。もっと見る勝浦のおすすめの料理は、「焼き鳥」「寿司(すし)」「洋食屋」です。おすすめのお店は、「磯料理 朴亭 」「魚民 勝浦駅前店」「たなか寿司 」です。おすすめのスポットは、「勝浦中央海水浴場」「勝浦港」「勝浦ヒルトップホテル&レジデンス」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
勝浦は上総地方の南部に位置する、千葉県南東部の街です。太平洋にも面している事から新鮮な海産物が食べられる街として人気があります。昭和の大合併により非常に広い面積で構成されている為、総野地区、上野地区、勝浦地区、興津地区とそれぞれ区分けして呼ばれています。
勝浦漁港では古くからの漁師町として栄えていった歴史を感じ取と同時に、リーズナブルで美味しいお魚料理を味わう事ができます。都心からもアクアラインを使うと75キロ程度で来ることも出来る為、日帰りスポットとしても人気です。

勝浦のエリア情報

勝浦の由来は紀伊半島の勝浦から伝来した事や、遠見岬神社を建設した阿波忌部氏の「勝占」の名が由来となったなど諸説あります。大正時代には勝浦駅が開業し商業の幅が広がっていく中、昭和に入ると豊浜村や興町、上野村や総野村とも合併し、その後市制施行の際に勝浦市へと変わっていきました。
市の全人口の約1割を国際武道大学の学生占めているというのも一つの特徴にあり、学生向けの飲食店なども数多く作られてきました。その中でも勝浦式タンタンメンは地元の人に愛されるソウルフードで、飲食店だけでは留まらずカップラーメンとして

ページ上部へ