王子 の人気グルメ&レストラン

王子駅は東京都北区にあり、JR京浜東北線、東京メトロ南北線、都電荒川線の3線が乗り入れています。「王子」の地名は、8代将軍徳川吉宗が故郷・紀州から王子権現(王子神社)を勧請したことが由来とされています。王子駅周辺は、桜の名所として知られる飛鳥山公園、そして園内にある3つの博物館(紙の博物館、飛鳥山博物館、渋沢資料館)や名主の滝公園等など散策にもってこいの観光名所が豊富。また、区役所をはじめ北区の行政の中心となっています。ラーメンやカレーなどランチのおいしい店も多くありますが、特に個性的な大衆酒場が多く、近隣で働くビジネスマンや観光で訪れた人たちで賑わっています。もっと見る王子のおすすめの料理は、「焼肉」「和食」「居酒屋」です。おすすめのお店は、「酪農屋 肉とチーズのお店 王子店」「柚柚~yuyu~ 東北料理と柚子のかほり 王子店」「イタリアン&スペイン料理 TOM BOY 十条本店」です。おすすめのスポットは、「名主の滝公園」「北区中央公園」「十条サンスクエア」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
王子の西側には京浜東北線があり、さらに中央を国道122号線である北本通りが通っています。北本通りは王子の中でも有名な繁華街であり、毎日多くの買い物客でにぎわっています。王子駅の周辺には飛鳥山公園があります。ここは春になるとお花見をしようと人が集まって来るほど、都内有数の桜の名所として有名です。また東武ストアなどの大型ショッピングセンターや高校などの学校が多数建ち並んでいます。若い人から高齢者まで立ち寄りやすい街であり、飲食店もファミリーレストランや定食屋、居酒屋といった気軽にどの年齢の方でも気軽に楽しめるようなお店が人気です。

王子のエリア情報

王子鎌倉時代以前は岸村と呼ばれていました。18世紀には徳川吉宗により飛鳥山に桜が植えられ、これにより桜の名所として飛鳥山の評判が高まり、花見を行う人が増えてきました。明治には周辺の村と合併し、洋紙工場などの大きな工場が建設されました。戦前王子区となり、その後隣接する滝野川区と合併して現在の北区となりました。鉄道も様々な路線が通るようになり、住宅地としても活用されるようになっていきます。現在ではビジネスやプライベートで楽しめる大衆的な飲食店が増え、ラーメン屋や居酒屋などが賑わいを見せています。

ページ上部へ