高島平 の人気グルメ&レストラン

高島平は、1972年に住宅地として開発されて以来、東京のベッドタウンとして発展してきたエリアです。東京都板橋区の北西部に位置していますが、都営地下鉄三田線の高島平駅のほか、路線バスや高速道路も整備されており交通の便は抜群です。高島平の歴史は江戸時代まで遡ります。砲術家・高島秋帆が日本で初めて洋式砲術の訓練をこの地で指導したことに由来します。土地柄、多くの大手飲食チェーンが出店しており、ラーメンや定食などお手頃価格でランチ・ディナーを楽しめる店多いです。もっと見る高島平のおすすめの料理は、「パスタ」「居酒屋」「フレンチ(フランス料理)」です。おすすめのお店は、「アジアンダイニングダリマ 西台店」「和牛 炭壱 」「焼肉処 高しま 」です。おすすめのスポットは、「大東文化大学(板橋キャンパス)」「高島平中央商店街」「板橋区 高島平温水プール」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
板橋区にあるベッドタウンの一つが高島平です。住宅街がところどころに存在しており、中には都営三田線の車両基地の上に都営住宅が広がっているところもあります。町内には板橋市場があり、物流の拠点となっています。そして夏場は50年以上の歴史がある「いたばし花火大会」が荒川沖で開催され、1万発近い花火を見ようと毎年多くの人が集まってきます。
高島平駅周辺は商業地域でもありますので、日々買い物をする人で賑わっています。また駅の北口には飲食店が多数あり、そば屋やファーストフードなど買い物に訪れた人たちがスムーズに食事をできるお店が多いのが特徴です。

高島平のエリア情報

高島平はかつて軍隊の訓練地とされ、徳丸ヶ原と呼ばれる農作地となっていました。その後、昭和31年に日本住宅公団が土地を買収します。ここから一大団地建設計画が持ち上がり、土地の整備が始まっていきました。同時に江戸時代の砲術家である高島秋帆にちなんで、高島平という地名が誕生しました。その後昭和47年に高島平団地が誕生し、多くの人が集まっていきました。
飲食店などの商業施設も多く整備されたことで、低価格で提供するお店が増えていきました。現在でもチェーン系のレストラン・丼物屋・ラーメン屋などの気軽に食事ができるお店が豊富に建ち並んでいます。

ページ上部へ