金町 の人気グルメ&レストラン

金町駅は東京都葛飾区にあるJR常磐線の駅です。東方の江戸川が千葉県との境になっています。2009年6月には商業施設・公共施設を含む41階建ての複合型ビルヴィナシス金町が完成し大いに注目を集めました。また、都内で唯一水郷の景観をもった水元公園へ、バスでのアクセスも可能です。約90haの広さ(東京ドーム約19個分)を誇る園内には大小の水路が走り、ポプラ並木やメタセコイヤの森などの樹木が生い茂っており、ハナショウブやスイレンなどの水生植物も多く見ることができます。駅周辺には庶民的な居酒屋や和・洋食屋が多くランチやディナーを気軽に楽しむことができます。もっと見る金町のおすすめの料理は、「寿司(すし)」「刺身」「居酒屋」です。おすすめのお店は、「ナルバル 高砂 」「個室ごちそう居酒屋 京町家通り 金町店」「木曽路 金町店」です。おすすめのスポットは、「業平山 南蔵院」「葛飾区 水元体育館温水プール」「柴又公園」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
金町は葛飾区にあり、千葉県と隣接した町です。東側には江戸川が流れており、夏場は花火大会も開催されます。来場者は毎年30万人以上と非常に賑わいを見せています。近年金町のシンボルとして建てられたのがヴィナシス金町で、最上階では江戸川を一望することができる人気のスポットです。JRや京成電鉄が通っており、都心や千葉方面などへ仕事で通うという人も少なくありません。
飲食店は手頃な値段で提供しているお店が多く、居酒屋や惣菜販売店などは古くから営業しているお店が人気です。価格帯も非常に安く、1000円でも食べきれない食事を体験できるところも見つかります。

金町のエリア情報

金町は以前、いくつかの村に分かれていました。19世紀末町村制が施行されたのをきっかけに合併され、金町村が成立しました。そして1925年に町制が施工され、現在の金町となりました。その後1932年に南葛飾郡が東京市に編入することになります。大東京市の設置によるもので、金町は葛飾区の一つとして成立しました。昭和に入り、住宅地や商業地が生まれたことにより金町にも居住者が増えていきました。
金町ではその頃に誕生したバーパン屋など昭和からずっと営業しているお店が現在でも数多くあり、庶民的な飲食店が並んでいます。

ページ上部へ