東村山 の人気グルメ&レストラン

都心へのアクセスの良さからベッドタウンとして発展した東村山エリア。東村山駅を中心に閑静な住宅街が広がります。近くには都民の水がめとなる多摩湖、狭山湖があり、豊かな自然のなか散策やレジャーを楽しめます。市内にも東村山中央公園や北山公園、八国山緑地など公園も多く、市民の憩いの場となっています。ご当地グルメとして注目を集めているのが黒焼きそば。イカスミと鹿児島の黒酒にさまざまな香辛料をブレンドした黒ソースを使用し、スパイシーながらあっさりとした味わいが特徴。数十の店舗があり、食べ歩きも人気です。もっと見る東村山のおすすめの料理は、「寿司(すし)」「和食」「居酒屋」です。おすすめのお店は、「Qや 」「焼肉レストラン ロインズ 東大和」「Si Tonno 」です。おすすめのスポットは、「八国山緑地」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
東村山駅周辺は四季折々の風情を見せるスポットが多く点在しています。
花見の名所である狭山公園や、新東京百景に選ばれた北山公園、狭山丘陵から武蔵野市まで繫がる多摩湖自転車道などがあり、地元住民だけでなく、休日には近隣からもレジャー目的で多くの人が訪れています。また、閑静な住宅街や自然豊かな環境から、居住区としても人気があります。
東村山の名物と言えば黒焼きそばですが、その他にも和食居酒屋やラーメン店、鹿児島地鶏専門店などの飲食店も数多く存在し、レジャーに来た人が気軽にランチが出来る定食屋や蕎麦屋も豊富です。

東村山のエリア情報

東村山は1894年(明治27年)に川越鉄道の停車場として利用が開始されました。東村山停車場は、現在の東大和市に人造湖を造成する際や、東京都の大規模な開発の際に頻繁に利用されることとなり、工事関係者の出入りが増加しました。人口や停車場利用者増加に伴い、人々の憩いの場となるようなお店が増え、賑わいを増していきました。
東村山では現在でも気軽に食事ができるお店が多く点在し、新しい店舗も次々に開店されています。近年の自転車ブームにより、散策がてらそういったお店を利用される方も増えてきています。

ページ上部へ