学芸大学 の人気グルメ&レストラン

雑貨の街としても注目の学芸大学エリア。インテリアから生活雑貨、アンティークショップなど多くの店が立ち並び、休日にはショッピングを楽しむ人で賑わいます。人気のカフェも多く、ショッピングの合間にランチやお茶を楽しむのにおすすめ。ケーキ店が多いことでも有名で、老舗洋菓子店から有名パティスリーまで幅広いスイーツを味わえます。駅周辺には商店街が広がり、生活にも便利で住宅地としても人気。周辺には碑文谷公園や碑文谷八幡宮、世田谷観音など豊かな自然が残るスポットもあり、地元住民の憩いの場として親しまれています。もっと見る学芸大学のおすすめの料理は、「寿司(すし)」「郷土料理」「居酒屋」です。おすすめのお店は、「炭火とワイン 学芸大学店」「ピッツァ&ビュッフェバル ESOLA 学芸大学店」「タパス&タパス 学芸大店」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
学芸大学エリアには東京学芸大学附属高等学校が存在し、東急東横線学芸大学駅が最寄り駅となります。このエリアは学芸大学駅を中心にいくつかの商店街が形成され、飲食店も数多く存在します。
駅を中心として、西口商店街、東口商店街、本通り商店街が形成されています。小売店やサービス店、飲食店が広がります。魚介類をふんだんに使用した料理処、本場の中国料理店、蕎麦処、焼き鳥店など、様々な飲食店が軒を連ね、学生はもちろん、地域住民からも愛されています。純喫茶から本場のイタリアンまで、多彩な料理を楽しむ事が出来るエリアです。

学芸大学のエリア情報

駅周辺エリアは古くから繁華街で、今でもその片鱗を見ることができます。学芸大学という地名、駅名の由来は東京学芸大学からきていますが、その東京学芸大学自体は1964年に小金井市へ移転しています。
エリア内に存在する商店街はいつも賑わっており、当然飲食店も毎日大勢のお客さんで賑わっています。学生でも気軽に足を踏み入れられるような安価な飲食店から高級志向のレストランまで揃っているのがこのエリアの特徴でもあります。多彩な用途に対応できる飲食店が多いエリアだと言えるでしょう。

ページ上部へ