テレビに出たお店ニュース

中華料理店でいただく「カレースープ麺」と「カレービーフン」

newsevery.日本テレビ2017年10月24日 18時17分
10月24日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、中華料理店の美味しいカレーを特集した中で、「香港麺新記・四谷三丁目店」(東京都新宿区)が紹介された。

東京メトロ丸ノ内線・四谷三丁目駅の1番口から1分ほど歩いたところにある同店は、香港の屋台の味を日本で再現したいというオーナーの思いから誕生したお店で、あっさりとした塩味が特徴の潮州料理が楽しめる。潮州料理は中華料理の地方料理のひとつで、香港でも一般的な料理とのこと。店内では「エビのにんにくソース蒸し物」(1,080円/税込み)やランチメニューの「黄金ニラ・トマト・玉子の炒め&当日小皿料理+ライス+杏仁豆腐」(750円/税込み)などがいただける。

お店の人気のカレーメニューとしてランチメニューの「シンガポール風牛バラカレースープ麺+ライス+杏仁豆腐」(900円/税込み)を紹介。シンガポール風牛バラカレースープ麺は、カレー粉やココナッツミルクなどが入ったオリジナルのカレーペーストに自家製のラー油を合わせ、塩で味付けしたとんこつスープで割ってから極細の香港麺を入れ、牛バラ煮込み、揚げたゆで玉子、油揚げ、パクチー、ネギをトッピングした一品。まずスープからいただいたやない由紀さんは「おー、うん!ココナッツミルクの甘い風味もあるんですけど、スパイスがピリッときいていて、あとラー油のコクですかね。まろやかな味わいなんですけど、後からしっかり辛いです」とコメント。続けて麺をすすると「かなり極細で喉越しはツルッといいんですけど、歯ごたえがしっかりあってコシも感じますね。カレースープをよく絡め取ってスッと入っていきます。東南アジアのようなテイストも感じますし、中華風の味付けも感じるし、このバランスが絶妙ですね。」と絶賛。

次にテーブルに運ばれてきたカレーメニューは「シンガポールカレービーフン」(800円/税込み)で、エビ、チャーシュー、玉子に4種類の野菜が入った一品。カレービーフンを目にしたやない由紀さんは「ものすごくいい香り、カレーの!うわー!もう匂いでおいしい!そそられますね」とコメントしてからカレービーフンを食し「おー!麺にカレーの味がしっかりしみこんでいます。う~ん。このカレーの風味がホントに爽快で、お子さんでもお年寄りの方でも食べられるようなカレーの風味です。野菜もシャキシャキでいいアクセントになって、カレーのピリッとした感じと野菜の甘さの対比がまたいいですね。これは進みますよ」と絶賛し、中華料理店のカレーメニューに大満足の様子。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。