霞ヶ関 の人気グルメ&レストラン

大手町・丸の内に隣接した、日本屈指のオフィス街。中央合同庁舎を筆頭に、経済産業省・財務省・特許庁・警察庁本部など、行政機関が密集しているため、「中央政界」の代名詞にもなっています。1969年には、日本初の高層ビル・霞が関ビルディングがオープン。商業地としてのイメージは薄いですが、近年は霞が関ビルディングや霞が関コモンゲートなどが再開発によってリニューアルし、飲食店の数も増えました。定番の和食・洋食店だけでなく、インドカレーやスペインバルなどジャンルも豊富で、オフィスワーカーのランチやディナ-、宴会を中心に人気です。もっと見る霞ヶ関のおすすめの料理は、「寿司(すし)」「刺身」「居酒屋」です。おすすめのお店は、「個室・炉端料理 かこいや 霞が関ビル店」「郷どり燦鶏 霞ヶ関コモンゲート店」「頤和園 霞ヶ関店」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
千代田区に存在する霞が関エリアは、この国の行政機関関係庁舎が数多く存在します。隣接する永田町と共に政治行政の中枢と言われるエリアです。
一般的に行政関連のオフィスしかなく、飲食店などは少ないイメージですが、実際には数多くの飲食店が存在しています。お役所ランチと呼ばれる格安で早く料理を出すような飲食店が多い事も有名で、蕎麦やうどん、ラーメンなどの麺類を提供する飲食店から、オムライスやハンバーグなどの洋食、昔ながらの定食店なども存在します。

霞ヶ関のエリア情報

霞が関は江戸時代には多くの大名屋敷が軒を連ねていた地域です。後に官公庁の庁舎集積地として計画的に整備が進められていき、現在のような官庁街となった経緯があります。
ランチ時には官庁関係者で飲食店が混むと思われがちですが、実際にはその他ビジネスマンが利用するケースも多いです。居酒屋も多いので、仕事帰りに軽くお酒を飲みながらお食事をするということもできます。大人数での宴会などに対応したお店も多く、様々な用途で使用できる飲食店も多いです。比較的高級なお店も多いですが、リーズナブルな価格で食事ができる飲食店も存在するエリアです。

ページ上部へ