初台 の人気グルメ&レストラン

東京都渋谷区の北部、新宿オフィス街の西、甲州街道と山手通りの交差点に位置する東京オペラシティから西側のエリアに当たります。東京オペラシティはオフィス・美術館・コンサートホールからなる複合施設で、和洋中さまざまなジャンルのレストランやカジュアルなカフェもあり、働くビジネスマンのランチやディナー、パーティだけでなく、週末には家族連れやカップルにも多く利用されています。そうしたオフィス街の雰囲気とは打って変わって、京王線・初台駅前の商店街は庶民的な雰囲気が漂い、地元密着型の定食屋やカジュアルレストランなどが並びます。もっと見る初台のおすすめの料理は、「和食」「居酒屋」「フレンチ(フランス料理)」です。おすすめのお店は、「北の味紀行と地酒 北海道 東京オペラシティ店」「桜の藩 東京オペラシティ店」「とり処 初介 」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
初台駅は、東京オペラシティと新国立劇場それぞれに直結しています。観劇の行き帰りに食事を楽しむ方も多く、スタンダードな和食から、手軽にランチタイムを楽しめるフレンチまでが揃っています。
やはり、カフェなどを見てもお洒落な雰囲気のあるお店が多く、都内でも有数の文化的な施設にほど近いエリアであることを実感します。
新宿の中心から、ほど近い場所ですが、緑も多く都会の喧騒を忘れさせてくれる雰囲気があります。駅から少し歩けばビジネスビルも多く、ラーメンから定食屋さんまで、庶民的な味を楽しめるお店が並んでいます。

初台のエリア情報

初台は地理的に武蔵野台地の一部で、江戸期に入る頃までは、農村として集落が作られていました。街道の整備により、茶屋や宿場など、いわゆる観光客を相手にした商売が少しずつ立ち上がり、新宿区の発展に伴い人口を増やして来ました。
初台駅の周辺を見る限り、田畑の雰囲気も残ってはいませんが、起伏の少ない台地としての特徴を見ることができます。
飲食店の傾向は、どちらかというと、お洒落志向。アットホームなカフェであっても、マスターご自慢の調度品や食器が使われていたりしますし、東京オペラシティでは、上質な和食中華を楽しむことができます。

ページ上部へ