湯河原・真鶴 の人気グルメ&レストラン

相模湾に面した、熱海にもほど近いこのエリアは、宿泊はもちろん日帰り入浴を楽しめる施設も豊富な「湯河原温泉」や魚市場や磯料理が堪能できるお店がずらりと並ぶ真鶴半島など見所満載です。湯河原では土曜日には漁業組合の直売が行われ、日曜日には朝市が催されておりちょっと珍しい特産物が買えると人気を博しています。また、町内のそこかしこで食べられるピリッと辛い名物の「坦々やきそば」も訪れた際に食べておきたい一品です。真鶴の魚市場2階には新鮮な魚介を扱う町営のレストランがあったりと、休日は観光客で賑わっています。もっと見る湯河原・真鶴のおすすめの料理は、「寿司(すし)」「そば(蕎麦)」「洋食屋」です。おすすめのお店は、「小田原漁港直送 さかなや道場 湯河原店」「アメリカン クラブ ハウス 湯河原店」「ラ シェネガ 」です。おすすめのスポットは、「湯河原温泉 眺望の宿 旅館大景」「おんやど恵」「湯河原温泉 旅館ふきや」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
湯河原は、湯河原温泉が全国的に有名であり、真鶴は小田原と湯河原に挟まれた町です。湯河原と真鶴半島の中心部は、緑が美しい風景が広がり、風景を楽しんだ後は温泉に入ることができます。
相模湾に面しているエリアであるため、魚介類を使った料理を堪能でき、特にあじの干物は名物です。
温泉街の旅館や料理屋では、あじのお茶漬けと言った料理の他に、季節の料理が人気です。
また、B級グルメも有名で、坦々焼きそばは、至る所で食べられます。蜜柑も名産品であり、蜜柑をもぎ取る催しもあります。

湯河原・真鶴のエリア情報

湯河原は、1955年に近隣の3つの町が合併して、現在の湯河原町という地名になりました。真鶴は、その翌年1956年に発足して、現在に至ります。
湯河原真鶴も、昔から蜜柑の栽培をしていて、この土地にある柑橘類は総称して「湯河原みかん」という名前で呼ばれています。
キウイやお茶も有名で、神奈川県の中でも農業が盛んな地域として知られています。相模湾に面していることから漁業も盛んで、特にあじは名産品であり、あじの干物はお土産としても人気があります。
そのような背景から、湯河原駅周辺では魚介類と農産物の両方を食べることができるお店が多いのが特徴です。

ページ上部へ