益子・市貝・芳賀 の人気グルメ&レストラン

益子・市貝・芳賀エリアは栃木県の南東部に位置するエリアで、芳賀郡に所属しています。益子は益子焼が全国に知られています。毎年陶器市が開かれ、多くの人でにぎわいます。市貝には絶滅危惧種の鳥類、サシバの繁殖地があり、保護活動を進めています。芳賀は研究所や工場が立地する工業の町です。特に自動車産業が有名で大手自動車メーカーの研究所や自動車部品の工場などがあります。もっと見る益子・市貝・芳賀のおすすめの料理は、「焼き鳥」「そば(蕎麦)」「カフェ・スイーツ」です。おすすめのお店は、「レストラン蘭 」「レストラン梨美奈 」「いろり茶屋 」です。ランチ情報も盛りだくさんです。

益子・市貝・芳賀のエリア情報

益子・市貝・芳賀エリアは10世紀ごろから戦国時代までは宇都宮氏の家臣、益子氏の領地でした。江戸時代は黒羽藩の飛び領となり、幕末まで続きます。明治以降は黒羽県と宇都宮県を経て、栃木県に編入されました。益子焼は江戸時代から始められました。黒羽藩の財政再建のため益子焼は奨励され、多くは水運を通じて、江戸で販売されていました。現在では益子焼は全国に知られています。

ページ上部へ