行徳・原木 の人気グルメ&レストラン

千葉県市川市の南部に位置する行徳・原木(ばらき)エリアは、江戸時代には水上の交通要所でもあり、幕府に献上する塩の生産が盛んであった土地です。現在は東京23区と船橋方面へと東京地下鉄東西線が通っており、京葉道路原木インターチェンジも有し、交通の便がさらに良くなったことから、多くの工業団地や住宅街のあるベッドタウンとなりました。古くから漁業が盛んであり、現在でも三番瀬にて海苔の養殖やアサリ漁が行われています。居酒屋などでも地元の海の幸は堪能でき、ベッドタウン化によって多くの飲食店が軒を連ねています。もっと見る行徳・原木のおすすめの料理は、「焼き鳥」「和食」「居酒屋」です。おすすめのお店は、「蔵之助 南行徳店」「フライパン酒場 ぼ~の 行徳店」「居酒屋 土間土間 南行徳店」です。おすすめのスポットは、「イオン市川妙典店」「市川市塩浜市民体育館」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
千葉県市川市にある行徳・原木エリアは行徳駅と原木中山駅を中心とした地域となっています。行徳は千葉県市川市の南部にあり工業地帯と東京のベッドタウンとして多くの人が集まる地域です。行徳地区には外国人が多く国際色豊かな地域とも言えるでしょう。駅周辺には居酒屋やダイニングバーなど多様な飲食店が軒を連ねています。また、外国人が多い土地柄外国人向けのバーや飲食店もあり多様な料理を楽しむことができます。

行徳・原木のエリア情報

この地域は5000年程前に江戸川に運ばれた土砂によって形成されました。その後、江戸時代に徳川家康の手によって本格的な発展が始まりました。江戸時代には幕府に献上する塩の生産地として有名でした。昭和30年にはこの地域一帯の埋め立てが本格的に始まり臨海工業地帯として発展していくこととなります。
工業地帯として発展した行徳原木地域には多くの人が集まり現在でも東京のベッドタウンとしてマンションにゃ住宅の開発が進んでいます。そのため地元に密着したどこか家庭的な飲食店が多いのもこの地域の飲食店の傾向だと言えるでしょう。

ページ上部へ